7月 | 2020 | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ 2020年07月の記事一覧

2020年 7月 29日 ☆受験生時代の夏休み~倉持先生編~☆

スラマッパギー!

埼玉県立大学 看護学科 倉持夕寿妃です!

かなり前の話になるんですけど、

いうて7月中なんですけどね。

髪を切りに行ったんですよ。

そしたら担当してくれた美容師さんが、

「高校どこなの?」って。

__っしゃあああああああああああああああああああ!!!!

 

はい!

ということで今回は、

皆さんが私の去年の夏休み事情が知りたいということでよろしいですかね。

私は吹奏楽部だったので、塚越先生と同じように夏休みもバリバリの部活生でした!

ちなみにちょうど一年前の私は今頃学校で楽器吹いてます!

だから部活生の夏休みの学習の仕方はまかせてっ☆ミ

と、言いたいところなのですが、

私は引退するまで全然と言っていいほど(全然とは言ってない)勉強に手を回せていませんでした。

東進では自他共に認める問題児だったと思われます。(問題児だったとは言ってない)

こう振り返ってみると

当時の私の担任助手だった野村先生には相当なご心配をおかけしていたなぁと

こっちの立場になってみてしみじみ感じております。。。

 

ということなので、

部活生の皆さんは昨日の塚越先生のブログを参考にして勉強してください!

私はこの部活から

受験やこれからの人生を歩むにあたって得た大切なものを書いていこうかなと思っていますので

是非読んでくださいな!

 

私の所属していた越ケ谷高校吹奏楽部は、

みんな本気でした。

みんながちゃんと音楽に対する自分の考えを持っていて

もちろんここには書き尽くせないほどのつらいこともありましたが

技術も志もポテンシャルも、レベルの高い部員との活動は

ほんっと充実してたなぁ。

 

みなさん、吹奏楽部員がどうやって練習しているか知っていますか?

ただ単にみんなが音楽室に集まって

先生の指揮に合わせて演奏しているだけじゃないんですよ!

フルメンバーで先生の指揮と合わせる練習は「合奏」といって

これはいわば過去問演習とか模試みたいなものです。

じゃあ、それまでにどんな練習をしているのかって?

まずは楽器ごとに基礎練習を行います。

毎日毎日繰り返します。

これは高マスです。

それから楽器ごとに曲の楽譜をさらっていきます。

これはなんでしょう。

早めに修了するに越したことない受講ですかね。

そしたら今度は楽譜の部分ごとに

同じような音の動きをしているほかの楽器と合わせるセクション練習です。

これは確認テストとか大門別演習で苦手やクセを直すといったところでしょうか。

そしてようやく「合奏」。

そして本番の「演奏」。

 

あれ、なんだか受験と似ていませんか?

ちなみに吹奏楽はこの過程をすべてきちんと行わないと

一気になにもかもが狂ってしまい合奏どころではありません。

あ、吹奏楽だけじゃないですね。受験勉強もですね。

またまたちなみに合奏以外のこれらの練習は

部員自身で行っていくものなのです。

セクション練習仕切るの難しかったなぁ。

私はここで、

限られた時間の中でいかに効率の良い練習をすればいいのかという考え方を身に付けました。

あとは言葉に表すとペラペラに感じますが、

あきらめないといったことだったり、どこまでも追及していく姿勢だったり…

学べたことは本当にたくさん!

そして何より、

これ以上ないってくらいの努力は

何か素敵なお知らせを持ってくるということ。

Aの部県大会出場。

この成功体験は、

かなり絶望的だった成績の私が志望校に向かって諦めずにつき進むための

根拠のある自信となってくれました。

 

ちょっと熱くなりすぎましたね(笑)

つまり私は

部活もそのあとの受験勉強も

思い残すことは何もない夏を過ごしました!!

そんな私が夏休みを迎える皆さんに言いたいことは

今までの自分の努力が正しいことを証明してみろ

 

さぁ、暑くて熱い夏の始まりですよ。

一緒に頑張っていこうね!!

読んでくれてありがとうございました!

 

2020年 7月 29日 ☆夏休みの過ごし方について☆ ~小林先生編~

 

 

こんにちは!

担任助手1年の小林沙妃です!

お久しぶりですね!

 

勝負の夏休みまで、あと3日!!!!!!!!!!

 

なんか外はずっと雨降っていて、まだ梅雨感あって、6月な感じがしていたのに、気づいたら8月だと!!

時がたつのは本当に早いですね💦

歳かな

 

☀今日は私の夏休みの過ごし方について話していこうと思います☀

 

私は学校の講習が毎日のようにあった為、基本、学校の自習室で勉強をしていました💦

 

朝、開門と同時に学校に行き、名門の森を解く。

 

講習では主に色々な大学の過去問の小問の寄せ集めをずっと解いていました。

 

講習後は

 

学校の自習室でその日の講習の復習、明日の講習の予習

 

また、センター模試の過去問の、数学1A、2B、英語、理科2科目を、2日に1年ペースで行っていました。

 

その中で、この分野抜けているなと思ったところは、基礎的な参考書に戻り、基本問題を解き直したりしていました。

 

正直、淡々とやらなければならないことをこなしているだけで、過ぎていってしまった気がします💦

 

 

 

夏休みは、毎日やるべき事をこなしていると、ほんとにいつの間にか終わっています

 

本当です。

 

気づいたら夏休み終わってます。

 

限られた夏休みという有益な時間を、有意義に使えるかどうか、これが受験結果に本当に直結してしまいます。

 

ものすごく集中して吸収しまくった人と、少し甘えが出てやりきれなかった人では結果が変わってきてしまいます

 

逆転合格があれば、逆転不合格だってある!!!

 

 

一分一秒無駄にせず、天王山を登りきりましょう。

 

気がめいってしまうこともこれからあるかもしれません。

 

そんな時は将来の大学生になった自分を想像したり、大学のパンフレットを見たりして気分を盛り上げるのも手です。

 

もちろん、担任助手に相談したり、たわいないことを話したりしてリフレッシュさせて、自分に打ち勝っていきましょう!!

 

 

2020年 7月 28日 ☆受験生時代の夏休み~塚越先生編~☆

みなさんこんにちは!
早稲田大学1年文学部の塚越です。

最近は雨も降りつつ気温も高い、、

まさに梅雨と夏の過渡期に入っていますね。

皆さん体調不良には気をつけてくださいね☺☺

 

さて、昨日のブログ担当であった武富先生「今日の私文コーナー」をやっていますよね!
同じくバリバリの私文であった私もあの問題解いてます!!
まさに私文ならではの深い知識が必要になってくると思うので、気になる人は挑戦してみてください✨✨

 

ここからは私の毎回おなじみの「☆文化を届けたい☆名言コーナー」(仮)です!
題名もう少しマシなのを次回までに考えます、、、。このままじゃダサい、、。

 

今回紹介する言葉は、「ハイキュー!!」からの一言です🏐!
前回の私のブログも、数日前の遠藤先生のブログもハイキューでしたね~。
連載が終わってしまったのは悲しいですが、、😢
それをきっかけに全巻読み返している最中です!

今日は「ハイキュー!!」の登場人物である、主人公日向のバレー部の先輩の2年生の田中の一言を紹介します。

 

必死の思いでつかんだ全国大会、春の高校バレー。通称“春高”
日向たちの烏野高校バレー部は、全国大会2回戦で、いきなり優勝候補の高校との試合になります。

やはり一筋縄ではいかない試合。

烏野高校は劣勢に立たされ続けてしまいます。

 

田中はいつも元気なムードメーカーですが、相手にサーブで狙われたり、

ブロックに捕まったり、スパイクが決まらなかったりで失敗ばかり。

 

ネガティブな思考になりかけた時、

恐怖や緊張や不安を振り払って、彼は自らトスを呼びます。

 

「俺は普通の人間なんだと思う。

体格とか、能力とか。

でもそれが何かを諦める理由にはならないし、言い訳でもない。

その前に、そもそも俺は普段こんなことは考えない。

 

 

でも、半年に一度くらい、限りなくメンタルがマイナスになった時に思う。

自分は平凡なんだと。

 

ところで、平凡な俺よ。

 

 

下を向いている暇はあるのか」

 

 

 

 

 

 

勉強や受験や部活においての「天才」は本当にごくわずかで、

その「天才」たちも類まれな努力の末にそう呼ばれるようになっただけで。

自分の力や上達のスピードに打ちのめされた経験、皆さんにもありませんか?

 

もしかしたら、受験生の皆さんはこれからこの悩みにぶつかるかもしれません。

でも、だからってずっと足を止めてはいけない。

小休止も大切です。深呼吸して、落ち着いて整理してみるのもいいですよね。

少しゆっくりしたら、一歩ずつ一歩ずつ歩き出しましょう!!

 

 

さて、やっと本題ですね(興味ない方本当にごめんなさい🙇)

私の夏休みは、受験生としてのではなく、部活生としての夏休みでした。

私の部活は7月に定期演奏会、8/31に最後の大会があり、

めちゃくちゃに忙しい夏を送っていました。

 

夏休みもお盆以外は毎日部活があり、合宿や自主練も相当して、

毎日東進に着くのは4時くらいな日々でした。

 

大変でしたが、一度も辛いと思ったことはなかったです。

部活と部員が大好きな世にいう部活バカだったんですね、、、。

 

それでも部活に思いっきり打ち込むために、勉強も時間を自分で見つけて作って進めていきました。
夏は前の武富先生のブログでもあった通り、

×

が本当にカギを握っています。

しかし私はどう工夫しようと、他の受験生に勝てないことは分かっていました。

だから、

復習の質を上げることを徹底的に意識しました。

1解いた過去問から、10のことが学べるように、ノートを工夫したり、苦手を細かい範囲で見つけて

その部分だけでも量をあげていきました。

例えば古典だったら、問題文で自分が知らない単語(ないのに越したことはないですが)を全て古文単語帳で調べて、
接続や助動詞も分からない部分があったら例外事項まで見返していきました。

 

皆さん、模試や過去問の復習から学ぶことができていますか???

受けただけなんてもったいない!!

そこからどれくらいのものを学び取れるかが勝負です🔥🔥

 

 

東進の夏休みが始まる8/1まであと4日!
夏に努力できる準備、整っていますか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺

 

 

2020年 7月 27日 ☆受験生時代の夏休み ~武富先生編~☆

ご無沙汰です!

担任助手1年の武富昂太です。

 

大学もすっかり期末試験シーズンになりました。

期末4つとレポート(3~5000字)が3つ残っています。

これさえ乗り切れば…とポジティブに考えるのみです。

 

さて今回は「受験生時代の夏休み」ということで、

1年前を思い出しながら書き綴りたいと思います。

自分はこの時期、講座と並行で主に二次私大演習に取り組んでいました。

ある程度基礎は完成していたので、演習をやりまくりました。

第一志望校の過去問は10年分終わらせるように計画を立てて取り組みました。

一日15時間を目標に、時間を極限まで捻出しました。

その分8月模試ではよい成績を取ることができました。

また既に覚えたことに関しては、それをkeepする、ということも重視しました。

基礎単語とかってやっとかないと意外と抜けるんです。これ本当。

一日のうち2~3時間は基礎の復習に宛てました。

そして残りの時間を演習や受講に宛てました。

あとはこれを続けるのみです。

修正や調整を繰り返しつつ、計画通りに絶対遂行することを意識しました。

まじで途中さぼるとずっとだらけます。

初動、中押し、ダメ押しを意識して取り組みました。

 

皆さんに伝えたいのはをやれっていうことです。

成績が伸びない理由って単なる不足が大きいんですよね。

今の勉強量が下限になるくらいが理想です。

夏はを稼げるチャンスです。追う人も突き放す人もぬかりなく。

 

過去問演習に際してこんなエピソードも(めっちゃ自分語りですね、あと数行の辛抱です)。

自分はこの時期は早稲田大学の文化構想学部が第一志望でした。

しかし過去問演習の合間、なんとなく政治経済学部の過去問を解いてみたところ、意外と解けたんです。

それまでは看板学部だから…という理由でなんとなく敬遠していたのですが、試しに解いてみたらあら簡単。

もちろん学部やキャンパスへのあこがれはあったのですが、この意外と解けた経験が大きな原動力となり、第一志望を変更し、10年分と徹底的な対策をし、合格しました。

高いレベルの大学、学部を試しに解くと意外な発見があるかと思います。

そのためには

まず

夏制しましょう!!!!

 

【今日の私文っぽい問題】

前回の答えは×です。

漱石は反自然主義文学の代表的人物です。

自然主義前後の文学史の流れは意外と出てきます。

日本史選択はもちろん、文学史が出される大学を受験する方は軽くチェックしてみてください。

 

さて今回はこんな問題

「次の英単語の意味は?①literal ②literary ③literate」

答えは次回の自分の番or直接

 

2020年 7月 26日 ☆受験生時代の夏休みについて~田中先生編~☆

 

 

 

みなさんこんにちは!

早稲田大学法学部1年の田中愛生です!

実はブログを書くのは約2か月ぶりです!

私は明日から大学の学期末試験が始まるのですが、法律科目の勉強が難しくて単位が取れるかとても不安です。。。

自分が想像していた以上に法律の勉強は難しくて、教科書の内容を理解するので精一杯です💦

一昨日なんかは試験がやばすぎて受験生並みに勉強をしました(笑)

しかし、試験が終われば8月からは皆さんと同じで夏休みが始まるので、

今はそれを楽しみに頑張っています!!

 

さて夏休みということですが、今日は私の受験生時代の夏休みについて話そうと思います!

当たり前なのですが、受験生時代の夏休みはとにかく勉強漬けの日々でした。。。

朝は5時半に起きて7時までに東進に行き、そこから閉館までフルで勉強していました。

自宅滞在時間よりも東進滞在時間の方が長かったです(笑)

センター試験の対策はそれまでに完成していたので、夏休みは二次試験を中心に勉強していました!

勉強は習慣化することがとても大切なので、起床・就寝時間、いつ何を勉強するのかを大体決めていました。(朝はインプット系、午後は演習中心、など)

毎日同じことを繰り返すことは退屈でつらく思うこともありましたが、第1志望校に合格したいという一心でひたすら勉強していたのを覚えています、、、(しかしたまには息抜きをするのも大事です笑)

 

ここまで私の夏休みの話をしてきましたが、皆さんは夏休みの計画立て準備はできていますか?

どういうことかというと、今年は埼玉県の高校はほとんどが8月から夏休み期間だと思うのですが、

皆さんは8月から何をしなければいけないか覚えていますか??

何度も言われているのでわかると思いますが、そう、二次私大の過去問演習です!!!!

しかしみなさん、今の自分の勉強状況を見直してみてください。

受講高マス共通テスト演習10年分、、終わっていますか?

おそらく完全にこれらが終了している人はほとんどいないと思います。

これらが終了していないと、二次私大の過去問を解く基礎力が完全ではなく、どんどん計画を先延ばしにせざるを得なくなり、

演習量が減っていき、第1志望校に合格することが難しくなってきます。

7月はあと5日しかなく、その5日間全力で勉強するのはもちろんですが、夏休みに向けもう一度合格する計画立てをしましょう!

自分の今の状況を再確認し、俯瞰して確実に受かる計画を立て、勝負の夏休みを迎えましょう!

今年は本来4,5月が例年の夏休みに当たりますが、過ぎてしまった時間は戻りません

この8月が今までの勉強を巻き返す、本当に本当に最後のチャンスです。

第1志望校に合格するかどうかはみなさん自身の気持ち行動で変わります!!!

悔いのない夏休みにしましょう!!!!