7月 | 2020 | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ 2020年07月の記事一覧

2020年 7月 20日 ☆キャンパス紹介(青山学院大学総合文化政策学部)☆

皆さんこんにちはこんばんは!

青山学院大学総合文化政策学部に通っている担任助手2年の隅田ひかりです!

 

最近また更に新型コロナの感染が広がってきていますね、、埼玉県の感染者もかなり増えていてとても怖いです泣

もう夏ですが、今年は海やプールや旅行も喜んで行けなさそうです。個人的には花火大会に行けないのが残念です、、

コロナの感染が怖くて外に遊びには行けないので、この機会を有効活用しようと思い、私も英語の勉強を始めました!緊急事態宣言が出ていた時もしようと思っていながら結局できずにいましたが、こういう機会だからこそ、自分の時間をもっと大切にしようと思うようになりました。

大学のオンライン授業や担任助手もありますが、空いている時間を見つけてこれを機に自分の力をつけていこうと思います☺

他の担任助手と一緒に勉強を始めたので、一人でするよりもお互いを見て頑張ろうと思えて勉強することが楽しいです♪

 

さて、今日の本題である青山学院大学のキャンパス紹介をします!

みなさんは青山学院大学にどんなイメージがありますか??

 

駅伝、ミスコン、など色々なイメージがあると思います!

私が青学に行きたいと思った理由は、自分の行きたい学部があったからです。私が通っている総合文化政策学部は、メディアや都市政策、アートなど様々なことを学べる学部です。

総合文化政策学部の他にも、文学部の英米文学科や比較芸術科国際政治経済学部地球社会共生学部コミュニティ人間科学部など、他にはあまりない学部が多くあります!

自分のやりたいことがはっきり決まっている人も、逆にまだ何がしたいか決まっていない人も、青学でなら自分の好きなことを見つけられると思います!

また、今年はコロナで1年間オンライン授業になってしまいましたが、青学での学校生活はとても楽しいです!立地がいいのもありますが、青祭という学園祭やミッション系の大学ならではのイベントがあったり、サークルでクリスマスパーティーやハロウィンパーティーをしたりなど、楽しい大学生活が送れると思っています☺

今年はオープンキャンパスには行けないですが、オンラインで実施があるかもしれないですし、ホームページやパンフレットでもぜひ見てみてください!


また、東進ハイスクール春日部校では今、夏期特別招待講習行っています!

この夏、本気で努力するきっかけを一緒につくりませんか?

高3生は締切が7月21日までに迫っています!!

これが本当に最後のチャンスです。今から本気で始めれば、まだ間に合います。

高1・2生は、7月21日までのお申込みで東進の授業を無料で3講座(15コマ)受けていただけます!

今からスタートすることで、みなさんの未来の選択肢が広がります!

高3生になってから受験勉強を始めようと思っているのなら、高1・2生のうちから早期スタートして絶対合格を目指しましょう!埼玉県の高校生は都内や神奈川県の高校生に比べて遅れています。高1・2生から始めることは決して早すぎではありません。

今から始めることに何か不安や迷いを感じているのなら、春日部校のスタッフがサポートして一緒に解決するので安心してください!人生を変えるきっかけを、この夏一緒につくりましょう!

お申込みは上のバナーをクリック、または校舎にお電話(0120-104-508)でしていただけます。

お申込みぜひお待ちしております♪

2020年 7月 19日 ☆大学で学んでいること~文学部編~☆

皆さんこんにちはこんばんは!
担任助手1年 早稲田大学文学部塚越凜です☺☻

 

毎日暑いのか涼しいのか分からないような気温の日々が続いていますね~
私は涼しい方が好きなので嬉しいですが、
毎日東進に着ていく服に困ってます、、。
皆さんも体調に気を付けてくださいね!

 

 

さて、この季節は本来だったら部活動の最後の大会の時期ですよね、、
今年はコロナウイルスの影響でなくなってしまった大会が多いですが(;_:)泣

私も高校時代は部活に熱中している高校生の一人でした。
部活のために学校に行って、夏休みも毎日毎日部活で、、、。
勉強との両立が大変ですごく忙しかったけれど、
今までの短い人生で一番充実していた時期でした!!
懐かしいですね~

部活命だった私は、マンガも部活物をよく読みます!
今日は王道部活漫画の一つから言葉を紹介します!
そのマンガとは、、、

 

 

「ハイキュー!!」

です🏐

 

もうそのまんま王道ですね(笑)
でも私この漫画の青春感とかリアルな部活の感じが
すごくすごく大好きで、
中学生の頃からずっと読んで育ってきました🏐

 

この漫画はすごくざっくり説明すると、
体格に恵まれない高校生日向翔陽が、
中学時代の因縁の相手であった影山と高校で同じチーム、そして相棒となって、
チームメイトやライバルたちと切磋琢磨しながら勝ち抜いていく物語です。

 

今日の言葉は、主人公日向ではなく、、、
日向の高校の部のマネージャーである、
高校三年生の潔子さんの言葉です。
潔子さんは選手ではなくて「マネージャー」です。
しかし自分の進路とも悩みながら
高3の1月まで選手たちと共に部活を続ける決心をし、
ついにバレー部が目標であった全国大会に出場することになりました。
今回の言葉は、そんな潔子さんが、
全国大会本番当日につぶやいた言葉です。

 

 

 

「練習して、練習して、練習して、
積んできたものは
想像以上にあっけなく終わる。

それがどうした

敗北を確信しているわけじゃない

勝利を確信しているわけじゃない

 

挑まずにはいられない

 

私はコートに立たないし、
ユニフォームを着るわけでもない。

でも、今

ここが私の最前線」

 

 

 

今自分が地道に積み上げているものが、
いつかある日に何もしてこなかったかのように
崩れ落ちてしまうかもしれないという恐怖。
それは誰しも抱いているものだと思います。
でも心の奥から、
挑戦しつづけてみようというかすかなパワーが
湧き水のように溢れてくる。

これって何かに熱中したことがある人は共感できる
のではないでしょうか?
今高校三年生が熱中しているものは、何ですか?
それに置き換えて考えてみてくれると嬉しいです。

 

さて、
いよいよ本題ですね(笑)

私は今早稲田大学文学部に通っています。

文学部って何をするところなのかというと、
各言語の文学についてや、
各国の歴史について、
映像や演劇について、
哲学や宗教について、
加えて早稲田大学文学部では
社会学や心理学や教育学について
も学ぶことができます!

と言っても私はまだ一年生なので、多くの科目の中から
自分が興味を持ったこと、
二年生以降で学んでみたいことの概要などを
自由に授業をとって学んでいます。

早稲田大学文学部は2年生からコースに分かれるので、
1年生はそれに向けての準備段階というか、
幅広く教養をつけて興味を深めていく学年です。

私が今取っている授業でおもしろいものは、
「文学とジェンダー」という授業です!

名前だけ聞くとどんな授業なのかわかりづらいですが、
詩人であり女性問題の研究者でもある先生が
生徒の悩みや相談に答えていきその問題について議論する
という授業です。
この授業で前回子宮頸がんワクチンについて議論しました。
私は子宮頸がんワクチンについて何も知らなくて、
勝手なイメージばかり抱いていましたが、
この授業を聞いて、
自分の身を守るためにも正しい情報の重要性を知ることができました。


今の世の中、男性も子宮頸がんワクチンを打つという選択肢があるんですよ!!
意外じゃないですか?
なんで子宮頸がんワクチンなのに男性も打つ必要があるのか、
そこにはあなたのパートナーを守る大切な理由がたくさんありました。

知りたい人はこっそりでもいいのでぜひ声をかけてください☆

 

書いた通り、早稲田大学文学部には
一見「文学部」っぽくない授業もたくさんあります!
なのでまだ具体的になにを学びたいか決まっていない人でも
将来の選択肢を広げてくれる機会に溢れています。

私は2年生になったら
日本史コースかアジア史コースに進学しようと考えています。
そのために今は生徒と一緒に
歴史を学ぶ楽しさを見つけていければいいなと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2020年 7月 16日 ☆大学で学んでいること 〜建築デザイン学科編〜☆

 

はい、どうも〜!!

千葉大学建築学コースの飯田陸斗と申します。

今日は、今大学で学んでいること〜建築デザイン学科編〜と言うことで、

自分が今千葉大学で学んでいることを書いていきたいと思います。

建築デザイン学科と聞いて、一年の最初からバリバリ建築やデザインについて学んでいるのかと、

思う人も多いかもしれないですがそんなことはありません🙃。

千葉大学では、普遍教育科目と題して、教養科目を学ぶのですが、

大学一年の一学期はほとんど建築専門分野については勉強しません。

なので現在僕はちょっと建築好きな高校生ぐらいの知識しかありません。

現在は一週間のほとんど数学系の科目(物化微積線形代数)の勉強におわれています😭。

🥺忙しい、忙しい🥺

ちなみに建築デザイン分野の授業の方はどうかと言うと、時間的には週3のペースで授業があります。

デザイン系の授業では、自分の好きな言葉である『見方を変えれば、世界が変わる』と言う言葉を体現するような内容で、

アートとはとなにかと言うテーマから、日常に潜むデザインのような幅広いことを学びます。

この授業の内容を文字で伝えるのはちょと難しいですね😭。。。

聞きたい人がいたらぜひ直接聞きにきてください✌️

建築専門分野では、都市計画のことや、住宅論、建築材料について等々、建築士になるための実践的な知識を学んでいきます。

今日の授業ではかの有名なディズニーランドを運営する、オリエンタルランドに就職した人の話を聞いたのですが、

このオリエンタルランド、かなりすごい企業です!!

ただのテーマパークを運営する会社かと思いきや、この日本一のテーマパークを運営する会社こそがすごいんです。

ディズニーランドの人口密度は80000人/km^2と人口密度世界一のマカオ(20000人/km^2)より圧倒的に多いんです。

びっくりですね!!😖

1日に大量の人が行き交うので、建物はすぐ破損したりしてしまいますが、ディズニーランドに行っても

壊れてる建物や、陥没している地面なんて見たことないですよね?

これは日々のメンテナンスの技術者の方々の努力の賜物です

これもオリエンタルランドのすごいところなのでしょう。

新しいアトラクションを一つ作るときも、

建築土木、音声映像照明、乗り物の機械関係等々様々な分野の人が力を合わせて、企画設営をしています。

何気なく乗っているあのスプラッシュマウンテンにも様々な人が関わっていて、

みんなの笑顔のために汗水垂らして働いてくれているおかげで、安心安全に乗れているんですね😊

本当はもっとこのことについて語りたいことがあるのですが、もう時間なのでこの辺にしたいと思います。

こんな中途半端なところで切られても困るよ😭、、って人も多いかもしれませんが、

もしもっとディズニーランドのすごさを知りたいと言う人がいれば、

気軽に話しかけてください。

それでは今日はこの辺で🤚

 

 

 

 

 

2020年 7月 16日 ☆大学で学んでいること~政治経済学部編~☆

 

ご無沙汰しております!

担任助手1年の武富昂太です!

 

最近は家のWi-Fiの調子が悪く、(特に英語の)授業中頻繁に接続が切れます。

そんな時は

Sorry, something is wrong with the connection.

と言いましょう。赦されます。 恩赦!

 

さて今回のテーマは「大学で学んでいること」です。

自分は現在、早稲田大学政治経済学部政治学科に所属しています。

まあ字面通り「政治」に関することを中心に学んでいますね。

具体的には政治の分析手法や公共性を考える講義を受けています。

高校の政治経済から一歩進んだ内容で、その方面に関心があると楽しめる?かと思います。

ただ一年のうちはどうしても語学の割合が多く、本格的に政治学を勉強できるのは2年以降になります…

 

政治 “経済“学部ということで経済学についても学んでいます。

ここで英国社型私文の皆さんに朗報!

「経済学めっちゃ数学使います!!!!!」

…はい、ということで高校レベルの数学(特に微積や二次関数)は最低限理解しておくことをお勧めします。

数学切って、かつ経済系に志望する人は。

というより経済学自体「経済現象を数学という解析手法をもって研究する」ことが目的だから当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。

 

ところで皆さん、大学調べをしてみてこんなことを思ったことはありませんか?

「あれ?政治学部ってなくね…?」

そうなんです、政治単体の学部って存在しないんです!

早稲田大学のように経済学部と繋がっていたり、慶應義塾大学のように法学部の中に学科が設置されていたりしていて、「政治学部」という学部は(調べた限りは)存在しません。

政治自体、経済や法、心理、国際関係など様々な要素をもって成り立っています。

興味がある方は具体的な方向を絞って考えると良いかもしれません。

 

なんだかAcademicなブログになってしまいましたね。

まあたまにはこんなのもありかと。

それでは皆さんよい木曜日を!

 

【今日の私文っぽい問題】

なんか自分もコーナー欲しかったんで作りました(独断)。

内容は字面通りです。怒られたら止めます。

それでは早速

「夏目漱石は自然主義文学の代表的人物である。〇か×か」

答えはまた次回or直接自分の方まで。

 

 

2020年 7月 14日 ☆公開授業について☆

 

 

皆さんこんにちは!!!

担任助手1年小林沙妃です!

 

お久しぶりです!

 

今日は、東進ハイスクール、東進衛星予備校、英語科講師の慎一之先生が特別公開授業をしに、春日部校に来てくださいました!!

 

公開授業を受けたみなさん、どうでしたか???

 

結構、このままじゃやばい、やり始めないと、、、!など、焦り始めた子も多いのではないでしょうか

 

今回は、共通テストの演習問題を解きながら、共通テストがどのような感じか、実際に問題を解きながら解説していただきました。

 

共通テストは、複数回答問題など、以前のセンター試験とは形式が異なりますね。

 

ですが、Readingに関しては、センター試験の大問4.5.6で、まず対策しよう!

 

共通テストは単語、語彙力のレベルががセンター試験に比べて高い!!

 

単語の対策は初めて早すぎることはないので、早期修得がとっても大事です!

 

みなさん、meanの”意味””以外の意味は分かりますか??

 

公開授業を受けていた人は復習です!

 

 

 

 

 

 

答えは、、、、

 

 

 

下品な、平均の

 

です!覚えていましたか?

 

単語帳の赤文字だけでなく、その単語のほかの意味も覚えようよう!多義語も!!!

 

単語だけでなく、文法も大事です!

 

共通テストはSVOCなどの構文をとるよりかは、情報をとっていくことが重要になってきます。

 

 

 

これから沢山やらなきゃいけない事、今回の公開授業で気づけたと思います。

 

この焦っている気持ちを持ち続けて、英語力を高めていこう!!!

 

英語の学力向上には、特別なテクニックや教科書は必要ありません。

 

いかに、自分の今いる環境に言い訳せず、毎日30分でもいいから勉強を継続できたか

 

が、

とても大事になります。

 

 

 

この公開授業を聞いたからといって偏差値がいきなり上がるわけではありません。

 

これを機会に

やる気になって再スタートをきりましょう!!!!

 

where there is a will, there is a way!!!!!!!!!!!!!!!!!