ブログ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ 

2020年 2月 25日 ☆2月末にやるべきこと☆

こんにちは!

明治大学経営学部に通う

担任助手2年の木村優友です。

最近はコロナウイルス感染の広がりが話題になっていますね。

埼玉県でも、感染者が出たようなので

うがい手洗いなど、予防をしっかりしましょう!

さて、今回は

2月末にやるべき事を書きたいと思います!

2月末といえば

公立高校の生徒は学期末テストが始まると思います。

もうテスト期間の生徒が多いと思うので

計画立てて勉強しよう!という話は控えたいと思います。

みなさん、テスト勉強の進捗はどうでしょうか?

僕の高校時代を思い返すと

一夜漬けになったり

特定の範囲を意図的にやらなかったりする人が多かったように感じます。

そうな風になっていませんか?

テスト期間に入ったみなさんに

有効的な勉強方法を紹介します!

重要な事の1つ目は

学校の時間割を最大限に活用する事です。

テスト期間は

お昼過ぎに放課後となる学校が多いと思います。

2時〜3時に終わったと仮定すると

夜の10時〜11時まで勉強すれば

約8時間もの時間を確保できます。

これだけ確保すれば、よほどの事がない限り

テスト範囲が間に合わないといった事態は避けられると思います。

しかし

家で8時間も勉強するのが大変という人も多いと思います。

なので

学校の教室や図書館など家以外の場所を活用する事をオススメします。

最後に最も重要な事を伝えます。

上記のように勉強しても

ここで終わってしまってはただの一夜漬けになってしまいます。

やるべき事は、短期間で詰め込んだ知識を復習して定着させる事です。

テストが終わったら、必ず復習を早めにしましょう!

テスト期間という短い間に詰め込んだ知識はとても抜けやすいです。

詰め込んだ後にどれだけ、復習できるかが勝負です!

定期テストを最大限活用して、身になる勉強にしましょう!

 

2020年 2月 23日 ☆模試の活用法☆

こんにちは!青山学院大学 総合文化政策学部1年の隅田ひかりです!

私大の入試はほとんど終わり、明青立法中などの合格発表も出てきていますね!わたしは自分の担当の生徒が第一志望校に合格して心の底から嬉しかったのと同時に、自分の受験生時代を思い出しました。

自分のやりたいことを考え志望校を自分で決めて、そこに向かって努力し続ける大学受験はすごく価値あることだと改めて感じています。受験を終え大学に入りもうすぐ1年が経ちますが、1つの目標に向かってあんなに努力し続けることはなかなかないなと思います。今の大学を目指した頃や合格した時の初心を思い出し、私も新たな目標に向かってまた努力をしていきたいと、受験生をみていて感じました!

 

さて、目標を持つことの大切さについて話しましたが、模試でも具体的な目標をもって臨むことは大切です!

今日は、模試の活用法についてお話します!

みなさん半日または一日かけて模試を受けているのに、ただ受けるだけではすごくもったいないです、、、

せっかく模試を受けるなら、受験前の目標設定や受験後の復習、分析もしっかりして、模試の効果を最大化しましょう!

 

まず目標点が定まっていないとモチベーションも上がらないし、結果が出てもあと何点どこで上げるかなどを考えられません。志望校の昨年合格者の点数などから、科目ごとの具体的な目標点を決めてください!

そして模試を受けたら遅くても一週間以内には復習しましょう!時間がたつと自分がどうやってその答えを導き出したのか忘れてしまいますし、即復習することによって次の計画をすぐに立てることができます。自分が間違えたところや分からなかったところはもちろん、答えはあっていたけど悩んでしまった問題も曖昧なままにせず、徹底的に理解しましょう!「あとで覚えればいいや」と後回しにすることが受験勉強で一番良くないです。

 

一回一回の模試をしっかり活用している人とそうでない人では、一年間で大きな差になります。特に新高3生はこれから模試を受ける機会が増えるのでぜひ活用してください!!

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

東進ハイスクールでは現在新年特別度招待講習という名前で

2月29日までの申し込みで4講座無料で受講できる講習を実施しています。

 

新学年に進級する前のこの時期に始めることが何よりも大切です!!

さらに!

3月13日(金)には林修先生の特別公開授業も行います!

あの林修先生現代文の授業を受けることのできる貴重な機会です!!現代文の勉強のしかたがわからない人、現代文をもっと伸ばしたい人など、本当に受験で使える現代文をこの機会にぜひ学んでください!!

※定員があり、大変人気な公開授業なのでお早めにお申込みください!

お問い合わせお待ちしております♪

 
 

2020年 2月 22日 ☆国公立入試まであと3日☆

 

皆さんこんにちは!
東京理科大学理工学部数学科2年の
佐藤寛です!
 
コロナウイルス…怖いですね…
最近はコロナウイルスが話題になっていてそちらに気を取られてしまいますが

他にも危険はあります!
ノロウイルスやインフルエンザ…危険から身を守れるように生活習慣を見直してみましょう!
 
今日私からは、国立二次3日後に控える皆さんに伝えたいことを書きます。
実は私も国立入試を受験しました。
唯一心残りなのは、周りの受験者を見て人の多さと

その態度に圧倒されてしまったということです。
自分の中で、周りに圧倒されなければ

自分のできる最高のパフォーマンスができたはずです。
私立入試ではそういうふうに緊張することはありませんでした。
自分が思っている以上に

第一志望に対する思いは大きいです。
その分周りの環境を見て気持ちが不安定になりやすくなるはずです。
国立入試を受験する皆さんのほとんどは第一志望の受験を経験していないと思います。
平常心を失わないようにできるよう、ルーティーンを実践できるといいかもしれませんね!
 
 
最後に、皆さん今思うと、この一年間
「あっというま」
だったと思います。
でも今まで送ってきた人生で一番辛く充実していた一年間ではなかったでしょうか。
その一年間がもう終わろうとしています。
「あっというま」だったかもしれませんが

皆さんは本当に頑張ってきたと思います。
やってきたこと、応援してくれた周りの人

そして、自分を信じて出せる力を出し切ってきてください!!
そのためにも準備、体調管理等できることはしっかりやって万全の状態で本番を迎えましょう!
 
遠くからではありますが応援しています!

 
 

 

 

 

2020年 2月 21日 ☆テスト期間だからこそ受験勉強を疎かにしないで☆

こんにちは!武蔵大学経済学部3年の大槻美夢です!

私事ですが、就活の解禁日がじりじりと迫ってきていて毎日緊張しています。

先日行われた「GOUKAKU」というイベントで受験を終えた生徒が体験記をはなっしてくれたのですが、

夢や志が大切だという話は大学4年の私も非常に考えさせられる内容でした。

 

さて、話は変わりますがみなさん、定期テストの期間がやってきましたね!!!!!!

定期テスト期間に入ってから受験勉強がおろそかになっている人いませんか、、?

今日は定期テスト期間こそ「計画」を立てて「両立」していくことが大切だというお話をさせていただきます。

 

春日部校も定期テスト期間に入り、勉強量が落ちている生徒もいますが、そんな中でも今日は

開智未来高校のKさんが高速マスター基礎力養成講座の1800を修得したり

春日部高校のT君が受講の修了判定テストでSSを取ったりと努力量を上げている生徒もいます!!!

つまり、「定期テスト期間だから学校の勉強だけでいいか」なんて考えていると、

置いていかれ、抜かされていくための期間になってしまいます。

 

具体的に時間で考えてみても、

一回の定期テスト期間を仮に10日として、一学期・二学期それぞれ2回と最終のテストの計5回の

テスト期間中受験勉強をしなかったとすると、50日間つまり約2か月間もの時間受験勉強から離れることになります。

 

では学校の定期テストはどうでもいいのか。

それはNOです。絶対に学校の勉強にも本気で取り組んでください。

受験科目は定期テストに真剣に取り組むことで自分の力になりますし、仮に受験勉強では使わない科目も

以外に大学に入ってから使うこともあったりするんです。

(例えば、文系の私も経済学の授業では数学の微分積分を使ったりしてます!)

 

そんなこと言われたって両方の両立なんてできないよ!と思った方、

今立てている「学習計画」を見直してみてください。

・受験勉強とテスト勉強を半分半分で考えてみよう。

・早帰りが出来る分、1時間や2時間だけ受験勉強に充てよう。

・単語と英語の長文だけは何のテスト前だとしても毎日取り組もう。

まず今回の定期テスト期間はこのような考え方でもいいと思います。

 

そしてこれからやってくるテスト期間で焦らないために、

どちらか片方に偏らないためにどうするか考えてみてください。

①毎日の学校の授業の復習を徹底する

⇒これは時間的に厳しいよという人は日曜の何時間かを復習に充てたり、授業後の10分休みだけでもいいと思います。

②長期的な学習スケジュールを立てる

⇒テスト2週間前に計画を立てるのではなく3か月や1か月単位で学習計画を立てる習慣をつけてみてください。

 

なかなか自分ひとりで計画を立てることが難しいという人はぜひ春日部校に来てみてください!

一緒にひとりひとりに合わせたスケジュールを考えていきたいと思います!

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

東進ハイスクールでは現在新年特別度招待講習という名前で

2月29日までの申し込みで4講座無料で受講できる講習を実施しています。

有名講師の授業が受けられるだけでなく、我々大学生スタッフが皆さんの将来を本気で考え、

皆さんに寄り添って東進生同様の指導をさせていただきます。

さらに!

3月13日には林修先生の公開授業も行います!

この公開授業は予習から復習まで徹底して行います。

本気で取り組む気持ちがないとただ話を聞くだけの時間になってしまいます。

本気で変わりたい人、頑張ろうと思える人にだけぜひ参加していただきたいと思います。

お問い合わせもお待ちしております。

 
 

 

 

2020年 2月 20日 ☆模試前にすべきこと☆

 

こんにちは!東京理科大学理工学部2年の河原眞太郎です!

私事なのですが、つい先日ウイルス性の胃腸炎にかかってしまいました。

原因は確実に油断ですね…

手洗いうがいを怠ったせいかと思います。

結構つらかったのでこれを機に気を引き締めていこうかと思います。

そのために部屋の掃除、模様替えをしてみました(\\^\\)

そんなことはどうでもいいんです!

 

東進生!!!

同日後一回目の模試まで残り5日ですよ!?

本当に結果の出せる準備はできましたか??

「まだ全然だよ…」というそこの君!!

まだ間に合う!

今から模試まで5日間本気で勉強してみよう!

 

一般生!!

これを見て次の模試までに計画的に勉強しよう!

 

「何すればいいの??」

 

まずは目標を決めよう。

  1. 自分はどこの大学に行きたいのか。
  2. その大学の合格者はこの時期センターレベルの模試は何点取っているのか。

Ⅱで調べた点数があなたの目標点そのもの。

目標点全然届かなそうだなーと思っても取ろうとしなきゃ一生取れません。

 

絶対に取る気持ちをもって勉強しましょう!

 

自私自身も2割ぐらいしか取れてない時期でも常に8割を取るつもりで勉強していました。

 

しかし

 

到底届かない点数を常に目標にするのはかなりしんどいです。

だから

次は必達得点を決めよう

最低でもこのくらいは取らないとまずい、このくらいは絶対に取りたい。

そう思える点数を設定してみてください!

これを決めると模試への付加価値が出ます。

 

※今伝えた二つは模試を申し込んだ時点でやることです。

 

目標が決まった!さあ勉強を始めよう!

 

模試一週間前で焦ってる人は

とにかく基礎を完璧に!!

英単語、古文単語、公式、化学式、1問1答程度の問題。

基本となるものは各教科違うと思いますが、

いきなり過去問やっても仕方ないのでとにかく基礎を詰めましょう。

1週間で問題集2周、3周出来るペースでとにかく解きまくる。

反射的に答えられるまでやりまくる。

 

模試まで時間がある人は

基礎をたたきこむプラスで

模試1週間前にセンターの過去問かその模試の過去問を解く計画を立ててみてください。

模試のレベル、ある程度の時間配分、疲労などに慣れることが出来て

模試本番に良いパフォーマンスを披露できるでしょう!

 

今の時期はとにかく基礎を何回も反復してやることが大事!

☝を意識して勉強しましょう!

 

東進に通ってない方へ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

東進ハイスクールでは現在新年特別度招待講習という名前で

2/29までの申し込みで講座無料受講できる講習を実施しています。

さらに!

春日部校に来ていただくと!

とにかく生徒思いの先生たちが

元気に皆様をお待ちしております!!

少しでも興味を持っていただけたら説明だけでもぜひ聞きに来てください!

お問い合わせもお待ちしております。