ブログ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ 

2019年 7月 18日 ☆夏期合宿の体験談☆

こんにちは!早稲田大学文化構想学部に通う担任助手2年目の渡辺智也です!

最近、雨が降ったり晴れたり天気が安定しなくて体調管理が難しいですね、、、

今日は僕の生徒時代の夏期合宿の体験談について話そうと思います。

僕は生徒時代、夏期合宿に参加しました。

東進の夏期合宿は夏休みのはじめに四泊五日で河口湖の方まで行き、一日15時間以上英語を勉強する。そんなイベントです。

僕は英語がそこそこ得意だったので、一番上のクラスで参加することができました。

僕の参加したクラスは、オールイングリッシュのクラスで授業から日常会話から全て英語でした。

周りの英語力の高さの高さに驚きました。しかし、みんな志望校は早慶。自分と同じレベルです。

この人たちに勝っていかないと自分の志望校には合格できないんだと思い、5日間必死について行きました。

合宿では基本的にグループ対抗です。グループ平均点でランキングが作られ授業を受ける席が決まります。

なので自分がサボるとグループのメンバーに迷惑がかかる、そんな仕組みです。そんな中自分はグループみんなで協力して一位になりたいと思いながらも、グループメンバーの中でも誰にも負けたくないと負けず嫌いな戦いをしていました。

ずっとグループで一位になることができなかったのですが、最後のテストで一位になることができました。あの時の喜びと感動は今でも忘れられません。

そして最終日のまとめテスト、自分は絶対に満点をとってやろうと思い受けました。結果的に満点は取れなかったのですがクラス3位の点数を取ることができました。

五日間頑張ってよかったと同時に自分に自信をつけて帰ることができました。

夏期合宿にはドラマがあります。夏休み以降の受験勉強で辛いことがあっても、夏期合宿を思い出すとあれだけ自分は頑張れたのだからきっとできると踏ん張って頑張ることができました。本当に合宿に参加してよかったと思います。

自分は合宿で同じ志望校のライバル、努力すれば結果に結びつくという自信を手にすることができました。

21日から一期、26日から二期がスタートします。参加するみんな本当に全力で頑張ってきてください。心の底から応援しています。

 



 

2019年 7月 17日 効率の良い二次試験過去問勉強法

 

みなさんこんにちは!一橋大学商学部3年の前田尚樹です!

 

7月に入って気温も高くなりはじめてきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。自分はジメジメとした天気が少しばかり嫌いなので、早く梅雨が明けないかな~と待ち望んでいる今日この頃です。

(というか梅雨って6月くらいで終わりではなかったでしょうか・・・)

 

 

そんなことはさておき今日は

二次試験(第一志望校)の過去問勉強法

について書いていきたいと思います。

え!?過去問の話するの早くない!?と思った高3生も二次試験過去問とは何!?と思った高1、2生もぜひ読んでいただければ幸いです。

 

皆さん二次試験過去問の勉強っていつ頃からどのように勉強しようかと考えていますかね。

いろいろな人の話では高3の2学期であるとか冬休み以降、遅い人だとセンター試験以降というのをちらほら聞きます。東進ハイスクールでは

高3生の夏休みに二次試験過去問を開始する

ことを指導方針として東進生はそれを目指して頑張っています。

東進の過去の膨大な受験生のデータから過去問の勉強が受験の合否に直結するということが分かっており、特に第一志望校は10年分×3回=30年分くらいを行うのが良いとされてます。

二次試験は試験時間が長いため3教科受験であったとして私立大学ならだいたい240分~300分、国立大学なら400分くらいは1年分を解くだけでもかかります。もちろん大学や教科数によってかなりの変動はありますが過去問を解いて復習をするだけで丸一日かかってきてしまい、30年分を解かなければならないのに1回あたりの時間はとても膨大です。

ではいつ解くか

 

夏でしょ!!

というわけで夏休みに何年分第一志望校を解けるかでかなり合格確率は変わってきます。しかしながら二次試験を解くためには基礎となる土台を作ってからでなければ効果は出ません

特に高1、2生の皆さんは高3生になるまでに主要科目の基礎を完成できるかが勝負です!高3生と同様に高1、2生にとっても夏は受験の天王山なのかもしれません。

 

そんな夏休みで学力を伸ばしたい、生活習慣を変えたい、受験生化したい!と思っている高校生の皆さん東進春日部校で一緒に第一志望校に向けて努力を始めてみませんか?

春日部校スタッフ一同皆さんのご来校を心よりお待ちしております!

 

 

 



2019年 7月 16日 ☆本日は、、待ちに待った!!!公開授業です☆

おはようございます!こんにちは!!

今日私は朝からわくわくしております!!!!

なぜなら、、今日は、、、( *´艸`)

安河内哲也先生公開授業当日です!!!!!!!!!

 

「英語好きになりたいな」「楽しくかつ本当に身につく英語の授業ないかな」

なんて思ってるひといませんか?

その願いをかなえられる唯一の英語教師!!!安河内先生がいよいよ春日部校にやってくるのです!

 

私から簡単に先生のご紹介をさせていただきますね!

安河内先生は文化省の役員を務め、

戦後最大ともいわれている英語教育4技能大改革をけん引している先生です。

そしてなんとTOEIC4技能はすべて満点という実力の持ち主!

全国の英語教員の指導的役割も担っています。

TOEICの勉強をしている大学生の私も本当に尊敬しており、生徒時代から変わらず大好きな先生です!

 

こんな紹介をしても「すごすぎてイメージがわかないな、、」と思ったそこの君!!!!

ぜひ本日19時30分から行われる特別公開授業に来てください!

 

2020年からの新テストではスピーキング、リスニング、ライティング、リーディング4つすべての力が必要とされます。

今までの英語の学習法では全く歯が立たないであろう4技能テストにどう立ち向かえばいいのか。

4技能と戦える本当の英語学習法をお伝えします。

 

先生の生授業を受けられるのは今日しかありません。

19時30分から2時間の授業で「人生を変える」経験をしてみませんか?

みんなには、今日のこの公開授業を大学受験と本気で向き合うきっかけにしてほしいと思っています。

大学合格のカギを握るのは「時間」だと思います。受験にフライングなんてありません!

私たちと大学受験勉強のスタートを切りましょう!!!

 

ほんとに本当に価値のある2時間の公開授業です。

当日のお申し込みも受け付けますのでご連絡ください!

スタッフ一同心よりお待ちしています!!!!

   



2019年 7月 13日 ☆受講修了に向けて!☆

 

 

こんにちは!

筑波大学生物資源学類に通う、2年の天久です!

突然ですがブログの最初にあるバナー、見ましたか!?

安河内哲也先生の特別公開授業まであと3日となりました!

英語の勉強や、4技能についての貴重な話が聞けるので、ぜひお申し込みください!

さて、今回のブログは受講修了についてです。

受講と聞くと東進生向けかと思うかもしれませんが、受講がない東進生以外の人にも参考になると思うので是非最後まで読んでみてください!

東進生の皆さん、自分がいつまでに受講修了をしないといけないかは把握していますか?

高3生は7月末まで

高2,1生は8月末まで

が受講修了の目安となっています!

なぜこの期間までに受講修了をしないといけないのかわかりますか?

東進生のみなさんはもちろんわかっていますよね!?

東進生以外の人に向けて、また東進生の皆さんにも改めて説明したいと思います。

受講とは、何を目的にするものでしょうか?

inputですよね?

いわゆる概念理解というやつです。

高3生は、9月から第一志望校の過去問を解き始められるのが第一志望合格への必須事項です。

そのため、8月は自分の苦手潰しや各科目のレベルアップをする1ヶ月にしなければなりません。

ということは?

7月末にinputである受講は終わらせなければならないということですよね!

東進生でない皆さんも同じことが言えます。

各科目の概念理解やinputは7月末までに終わらせるのがマストです!

7月もあと2週間と少しですが、7月末に向けて計画をしっかり立てましょう!!

新入試世代の高2,1生は、高2の3月末までに自分の受験科目全て受講修了し、高3の4月から第一志望レベルの演習や第一志望の過去問に取り掛かることが重要です。

さらに、高3の時だけでなく高2,1生の頃から英検などの英語外部試験を受けることが必須になってきます。

秋や冬には英検がありますよね?その対策をしながら学校の授業を受け、部活なども頑張るのはなかなか大変です。

つまり、文化祭や体育祭、新人戦など沢山のイベントが待っている新学期(9月)までに、自分の苦手を0にしたり出来る科目の概念理解を終わらせてしまうのはとても大切です。

少なくとも主要3教科である英国数の受講、つまりinputは8月末までに終わらせましょう!!

とにもかくにもまずは勉強量の確保が重要です!

概念理解やinput、受講を修了させるのにはとても時間がかかります。

まずは自分の勉強時間を最大にすることから始めましょう!!

今このブログを読んでいる人で、勉強のモチベーションや勉強時間について悩んでいる人、ぜひ夏期特別招待講習をご検討ください!

東進の講座で勉強するのはもちろん、自習室を利用し自分の勉強時間をUPさせましょう!

また、私たち担任助手が勉強も部活も頑張れるようにモチベートします!!

7/19(金)までの申し込みで3講座受けられるので、早めにお申し込みください!

スタッフ一同お待ちしております!



2019年 7月 12日 ☆頑張っている生徒紹介☆

 

こんにちは!

中央大学文学部国文学専攻1年

北谷大地です!

今は7月です。

しかし、最近の気温はどうなっているのでしょうか。

きっと勉強の神様が、

高校生に勉強しやすい環境を与えてくれているのですね。

 

さぁ今日も、春日部校で頑張っている生徒を紹介します!

 

今日紹介するのは、越谷北高校2年Yくんです!

 

彼は、「文武両道」を唯一の信条とし、日々全力で勉強と部活に励んでいます!

 

 

こんな感じで頑張っています!

 

 

そんな彼は、グループミーティングではグループ長という重要な役割を担っています。

責任感が強い彼にはぴったりです!

彼はグループ長として、自ら率先して毎日登校を実行しています。

部活の練習が夜遅くまであっても、その練習でどれだけ疲れていても、彼は必ず登校してくれます。

そのおかげで、彼がリーダーのグループは登校率がほぼ100%と高い水準を保っています!

 

彼のカリスマ性には驚かされるばかりです。

 

しかし、彼のすごいところは登校日数だけではありません。

東進に在校している時間も非常に長いです!

週の平均在校時間はおそよ40時間

つまり、1日平均およそ5.7時間も校舎に来て勉強している計算になります!

彼がどれだけ頑張っているか、この数値を見れば明らかです。

 

勉強面だけではなく、部活もすごいのです。

全国大会に出場経験もあります!

 

まさに文武両道を体現している、素晴らしい男です。

 

僕は春日部校の中で、第一志望校合格に最も近いのは、このYくんだと思っています!

 

今回のブログを読んで、

Yくんみたいになりたい!

と思ってくれた高校1年生、2年生の君!

今、東進ハイスクールでは、夏期特別招待講習というイベントを開催しています!

ぜひ、申し込んでみてください!

春日部校スタッフ一同、校舎でお待ちしております!