☆確認テストの必要性☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 6月 5日 ☆確認テストの必要性☆

 

 


こんにちは!!

東京学芸大学 中等教育教員養成課程  英語専攻の菅沼 颯太です!!

今日は英語読解の授業準備をしたのですが、

内容は生徒が自ら授業を行うというもので、

教員になったつもりで作業してました。 

実習前に実際に授業を作ったり、行うことはとても良い経験になりますし、何より楽しいです!

さて、今日は東進の受講に必ず付いてくる確認テストの必要性について話そうと思います。

まず始めに確認テストとは何か

それは、受講の各回にある受講の内容を理解しているかを手軽に確認できる小テスト形式のものです!

また確認テストには五段階評価、C B A S SS があり、

SSSを取ることができると合格となり、次の講を受ける権利を得ることができます。

では本題に入っていきます

まず確認テストはその講の内容がまんべん無く入っているため、

確認テストで間違えればそこが理解できていないところ、

弱点であることが一目瞭然になります。

そしてその間違えた部分の授業をもう一度受けてみたり、

先生に質問をし、その講を完璧にすることができます!!

だからこそ、確認テストは重要。

なのですが、確認テストを受ける上で絶対に忘れてはいけないことが一つあります。

それは確認テストで一発でSSを取ることです!

なぜかというと、統計学的に見ても一回でSSを取れる人の方がセンター試験の点数も高いですし

分からなかった問題を放置してしまっていては成長の余地もありません。

僕も毎回一発SSを目指していましたし

仮にSでも必ずSSになるように受け直していました。

これは僕が第一志望大学に合格できた要因の一つです。

確認テストの必要性は分かっていただけたでしょうか。

そもそも受講というものは東進の講師が完璧にできれば生徒が絶対に合格できるように作成されています。

授業の一回一回を全力で集中して受け

確認テストを毎回SSを取れるような人が第一志望校に受かることができるのです。

 

 

突然ですが、お知らせがあります!!

現在6/9全国統一高校生テストのお申込みを受け付けております。

全国統一テストはセンター試験の模試で、

なんと無料で受けることができます!!

受験生は特に模試を整った環境で受けられる機会は残り少ないので

是非模試の回数を増やすチャンスをお見逃しなく!

お申込みは明日6/6までとなっております。

校舎の方に来ていただくか、お電話での申込み、HPからの申込みが可能です。

お申込みお待ちしております。