☆受験もONE TEAM☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 12月 10日 ☆受験もONE TEAM☆

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

青山学院大学国際政治経済学部3年の村山です。

2019年も残り3週間となりました。寒い日が続いていますが、風邪などひいていないですか?私も人が多い場所ではマスクをしたり手洗いうがいをこまめにしたり予防しています!大事な時期です。皆さんも気をつけてくださいね!

ところで、先日2019年の流行語大賞が発表されましたね!

「ONE TEAM」

私もテレビでラグビーの試合を見ていて、チームが1つになった時に何十倍にもなるパワーや、そんな選手たちをみて日本中が1つになったような感覚を感じられました。

 そのようにチームとして仲間と共に頑張ることで生まれる心強さやパワーは、部活でも学校の行事でも受験でも言えることだと思います。

ということで、今日は「ONE TEAM」を感じられた出来事について話したいなと思います。

先週末の12月7日、8日に春日部校では、地歴千題テストが行われました。

その名の通り、受験生が2日間に渡り、それぞれの地歴受験科目(日本史・世界史・地理)を千題解くというイベントです!!!

千題という膨大な問題数を約10時間、最後までみんな本当によく頑張っていました。私も高校3年生の受験期に参加しましたが体力的にも精神的にもとても辛いです。ですが、毎PARTで発表されるランキングで周りの仲間と競い合いながら一点でも多く取ろうと切磋琢磨する姿だったり、後半になるにつれ出てくる疲れや精神的辛さを春日部校みんなで乗り越える姿を見て「ONE TEAM」を感じられた2日間でした。

受験は団体戦とよく耳にしますが、私は本当にその通りだと思っています。

受験本番に試験を受けられるのは本人1人ですが、その心の中にはそれまで支えてもらった先生や家族、そして共に頑張ってきた仲間の存在があるはずです。

私自身、高校2年生の春に、中学から部活を一緒にやってきた親友と招待講習を経て東進ハイスクール春日部校に入学をしました。自分に甘い私にとって、彼女の存在はとても大きかったです。部活帰りに疲れてそのまま家に帰りたいと思っても彼女が行くなら私も頑張らなきゃと思えたし、受験直前期に落ち込むことがあっても休み時間に彼女と話しながらご飯を食べるだけで良いリフレッシュになったり、たくさん支えられました。全然違う道を目指していましたが、お互い応援しあって高め合えたこと、そして楽しく受験生活を送ることができたこと、本当に大きな力になったと感じています。

また、東進ハイスクールではグループミーティングという制度があります。約4~6名の生徒と1人の担任助手で構成されたグループで毎週、1週間の振り返りや予定立てを行うミーティングをします。私はそのグループミーティングが1週間の楽しみでもありました。チームのみんなで今週は受講をこれだけ頑張ろうと目標を立てたり、どんな勉強をしているか情報共有をしたり、チームとして頑張っている実感がとてもあって1人で勉強するよりずっと心強く、頑張ろうと思えました。彼女達とは今でもたまにご飯を食べに行って受験期の思い出話で盛り上がります(笑)まさに「ONE TEAM」で努力しあえた経験でした。

少し長く語ってしまいましたが、、

今振り返っても、私にとって受験はとても楽しかった思い出です。

私は第一志望校に受かることが出来なかったので、悔しい気持ちや苦しい思いもたくさんしました。

ですが、常に前向きに頑張れたのは間違いなく仲間の存在のおかげです。

大学受験という大きな壁に向かっている皆さん全員が不安を持っているはずです。そんな時に誰かが応援してくれる、一緒に頑張ってくれる存在は本当に大きな力になります。

私は、そんな仲間のような存在になりたいと思ったから、今担任助手をやっています。

皆さんにもぜひ、そんな高め合える仲間と一緒に努力し、第一志望に合格してほしいと心から思っています。

 

最後になりますが、、、

 

現在東進ハイスクールでは、東進の講座を無料で受講できる『冬期特別招待講習』を実施しています!

最大3講座まで受講できますが、3講座申し込み締切は明日12月11日(水)までとなっています!!!

周りと大きな差をつけられるこの冬、本格的な受験勉強を1日でも早く始めてほしいと思っています。

ぜひ一緒に頑張りたい友達と一緒に、大学受験への一歩を踏み出してみてください!!!

スタッフ一同校舎でお待ちしております!!!