☆冬期合宿について☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2018年 12月 6日 ☆冬期合宿について☆

こんにちは!早稲田大学文化構想学部に通う担任助手一年の渡辺智也です

もう12月なのにそんなに寒くなく、すごしやすい日が続いていますね!

今日は自分から東進の冬期合宿について話そうと思います!

東進ハイスクールでは、12月の26日から29日に新高3、新高2の生徒を対象に冬期合宿を行っています!

冬期合宿では1日15時間の学習時間があります。15時間は受験生の夏休みの1日の目標勉強時間です!

学年が切り替わる前のこの時期に1日15時間学習を経験しておくことで、本気の受験生活の最高なスタートダッシュが切れると僕は思っています。

では1日15時間何を勉強するのか説明します。

まずは受講です.

東進で映像してくれている先生たちがレベルごとに分けられたクラスで生授業をしてくれます。そして授業が終わったら確認テストの勉強に移ります。

確認テストは全員が満点を目指して本気で勉強します。ここでの勉強でかなりの集中力を身に着けることが出来ます。

夕食の間、風呂を待つ時間も満点を取るためにみんなが勉強に取り組むので無駄な時間は本当にないです。この時期から満点を取る大切さ、一分一秒を無駄にしない行動を体感できることは今後の受験生活においてかなり大きく、貴重な経験だと思います。

そして合宿でもグループミーティングが存在し、四日間一緒に頑張りきった今後の受験生活の支えになる仲間を手に入れることが出来ます!

このグループミーティングの仲間たちと自分の夢や志望校など将来のことについて語り合う時間があり、この時間は受験生活において忘れられないものになり受験勉強のモチベーションに繋がります!

自分は夏期合宿に参加したのですが、集中力や忍耐力に始まり、受験生活の転換点になるような貴重な経験になり、自分を変えることが出来ました。しかしもっと早く経験していれば、もっと早く変われていれば受験生活も変わってきたのかなという後悔もあります。

冬期合宿では、辛いこともたくさんあると思います。しかしそれ以上に得ることが出来るものがかなり多いです。

分を変えることのできる最高のチャンスです。受験生活最高のスタートダッシュを切るためにもぜひ行って欲しいです!

行ってみたいと思ってる人、もっと詳しい話が聞きたい人は是非相談しに来てください!

冬期招待講習の3講座締め切りまであと6日です。

春日部校一同お待ちしております☆