☆併願校について☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 10月 28日 ☆併願校について☆

こんにちは!青山学院大学 総合文化政策学部に通っている、担任助手1年の隅田ひかりです!

昨日は、全国統一高校生テストがありました!受験生は、センター試験本番まであと82日です!今日の模試で上手くいった人もいかなかった人もいると思いますが、大切なのは模試後です!!今自分にとって足りていないところはどこなのか分かったと思うので、復習をしっかりしてください!

高1・2生は、共通テスト形式の模試で、今まであまり解いたことのない問題で難しかったと思いますが、これを機に、これから対策していきましょう!今からしっかりやっていけば絶対に間に合うはずです!

さて、今日は併願校についてお話しします!

受験生はそろそろ併願校を具体的に決め始めていると思います。

併願校でも、センター利用で出願するか、個別試験を受けるか、などありますよね。

基本的に、センター利用では滑り止めとなる、自分にとって安全校だと思われるところを出願し、個別試験は自分の第一志望校やチャレンジ校を受験すると思います。

センター利用で滑り止めが決まれば、個別試験は自分の本当に行きたいところの試験の対策に時間を充分使うことができるので、センター利用でもいくつか出願しておいたほうが良いです。また精神的にも少しは安心できるので、個別試験に響かないと思います。わたしはセンター利用は2校しか出願していなく合格したのは1校だったので、その後の試験がとても不安になりました。私はセンター利用をもう少し出願すれば良かったと思いました。

個別試験は第一志望や本当に行きたいところの対策に集中したいと思いますし何回も受験しに行くのも大変なので、センター利用を上手く活用してください!!

個別試験の併願校の受け方は人それぞれではあると思いますが、受験科目や配点、倍率、方式、問題の形式などが自分にとってより有利となる受け方ができると良いですよね。私はそこらへんをかなり考えていました、、。

自分自身もそうでしたが、1人で迷ったら担任助手の先生に相談したり学校の先生にも相談してみてください!

今日は併願校についてお話ししましたが、第一志望は最後まで絶対に諦めないでください!!

模試が続く今の時期は不安や焦りに駆られることもあると思いますが、できるだけポジティブに考え、不安は勉強することで解消してください!また、担任助手や周りの人にも話してみてください!

今の時期不安なのは自分も1年前そうだったのですごくわかります(*_*)

でも結局不安を払拭し自信をつけるのは、自分が勉強し、できるようになることを増やすことです。最後まで頑張ってください!

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)