☆12月最終センター本番レベル模試に向けて☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 12月 7日 ☆12月最終センター本番レベル模試に向けて☆

こんにちは!

筑波大学生物資源学類に通う、担任助手2年目の天久です!

最近ついに手袋を解禁しました!

筑波大学はキャンパスが広く基本移動が全て自転車なので、手がめちゃめちゃ寒いです!

もう少し手袋無しで頑張ろうと思いましたが無理でした(^^;)

皆さんも防寒対策はしっかりしてくださいね!

さて、今回のブログは受験生向けですが、新高2,3生の皆さんも絶対知っておくべきことなので是非読んでみてください!

受験生のみなさん、12月15日の12月最終センター本番レベル模試が近づいてきました!

センター形式の対策、勉強は始められているでしょうか?

まだ!って人は今日から!この土日から始めましょう!!

12月最終センター本番レベル模試は結果を最後の受験校決定に使ったり、その出来によってこれ以降のセンターを対策する勉強の割合を決めたりと、とても重要な模試になります。

二次、私大向けの勉強をしたい気持ちはわかりますが、12月模試はきちんとセンター対策をした上で受験しないと意味がありません!(もちろん今までもそうでしたが…)

この土日は必ずセンターの過去問や大門別演習に取り組みましょう。

特に国立受験の人は、7〜8科目あり、文系理系それぞれ普段はあまり触れていない科目があると思います。また、理系でも二次・私大対策をしているとあまり数1Aに触れられていない人もいると思います。

そういった、最近あまりできていない科目は暗記事項や定石が軽く抜けている可能性が高いです!

完全に忘れていないとしても、思い出すために使う時間がいつもより数秒かかるだけでセンター試験では命取りとなります。

感覚をしっかり取り戻すためにも、インプットとアウトプット両方に取り組みましょう!

もちろん、私大が第一志望の人もセンター対策をしっかりしましょう!

二次・私大の過去問は”毎年この分野が出る”など出題に少し偏りがある場合がありますが、センター試験は基本的に全範囲から出題されます。 

また、あくまで私の意見ですが、二次・私大よりセンターは時間勝負であったり、点の取り方に違いがあると思います。

その辺の違いは実際解いてみないと感覚として戻ってこないと思うので、全くセンター対策せずに模試本番!!ってことがないように、しっかり計画を立てて勉強してくださいね。

もちろん、この1週間センター対策だけしなさいと言うつもりはありません。

ただ、いつもより優先度をあげてセンターの勉強をして欲しいと思います!!

12月最終センター本番レベル模試

絶対目標点取りましょう!!!

 

さて、ここまで読んでくれた新高2,3生はいるでしょうか?

新高2生は2年後、新高3生は1年後、こんな風に勉強時間の比率などを考えて計画を立てていくことになります。

よかったら覚えておいてくださいね!

そして、ここまで読んでくれた受験に意識がしっかり向けられている新高2,3生にお知らせです!

現在、東進ハイスクールでは新高1,2,3生対象冬期特別招待講習を実施しています!

申込んだ日付によって受けられる講座数が変わるのですが、3講座受けられる締め切りが12/11(水)となっています!!

3講座締め切りまで

あと4日です!!!

1日ずれるだけで受けられる講座数が変わってしまうのでお気をつけください!

・修学旅行も終わったし、そろそろ受験勉強しないとな

・定期テストが終わって、冬休みから勉強始めようと思ってる

・2学期まででだいぶ周りと差がついてしまった。冬休みでなんとかしたい

・3学期までにもっと先取り学習がしたい

1つでも当てはまった人には冬期特別招待講習がとってもオススメです!

そして、1日でも早くなんの形でもいいのでその気持ちを行動に移して欲しいです!!

今すぐ申込みたい!という人はこちらをタップ

まずは説明が聞いてみたい!という人はこちらをタップ

3講座締め切りは12/11(水)です!

是非ご検討ください!

スタッフ一同お待ちしております!!