☆10月の生活☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 10月 4日 ☆10月の生活☆

こんにちわ!

中央大学文学部国文学専攻1年

北谷大地です!

 

いきなりですが、10月になって勉強に身が入らないというようなこと、ありませんか?

 

僕は、ものすごくありました。


夏休みが終わり、夏休みの勢いのまま9月は突破しました。

10月になって、入試本番までは残り3〜4ヶ月あります。

3〜4ヶ月という数字を見ただけでは、非常に長く感じますよね。

実は、すぐ過ぎ去ってしまいますけど


今は、基礎が固まってきて、過去問演習に力を入れる時期だと思います。

春や夏のように、たくさんの新しい知識を身につけるわけでもない。

毎日毎日ただ同じことをしなければならない日々。

刺激が少ないわけです。

 

それだけではありません。


両親や、応援してくれている方々の期待。

学校や予備校の先生からのプレッシャー。

なかなか成績が上がらず、自分は志望校に合格するのだろうかという不安。

この不安というのは、勉強を頑張っている証ですよ。

 

このような重圧に耐えなければならない時期です。

 

今からは、自分に対して、自信を持つことが必要だと僕は考えます。

根拠のない自信でもいいのです。

 

たとえば、

「なんかわからないけど、志望校に合格する気がする」

というように。

こんな気持ちを持ちながら、日々を過ごしてみてください。

自分が思っていることは、なぜかその通りに叶うものです。

日本語には、言霊が宿るという考え方があるようです。

マイナスのことばかり考えていたら、マイナスの人生になってしまいます。

常に、ポジティブに考えるようにしてください。

きっと、あなたの人生は光輝くでしょう。

 

そして、しっかり毎日、真剣に勉強に取り組んでください。

いずれ、この根拠のない自信は、

「こんなにたくさん勉強したんだ。絶対志望校に合格するだろう」

という、確固たる自信に変わってきます。

この自信がついたら、合格には大きく近づいている証です。

 

あまりまとまっている良い文章ではないですね。

無理やりまとめます。

 

我が北谷家の家訓には、こんな一節があります。

 

試験は、頭の良い者が合格するのではない。勉強した者が合格するのだ。

 

この言葉に、僕は何度も何度も救われました。

 

勝利の女神は、最後まで諦めず努力したものに微笑むのです。

 

さぁ、頑張っていきましょう!!!