☆難関・有名記述模試の復習について☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 5月 28日 ☆難関・有名記述模試の復習について☆

こんにちは

明治大学経営学部に通う、担任助手2年の木村優友です!
 
ここ数日非常に暑いですね、、。
季節の変わり目は体調を崩しがちなので、体調に気を使って過ごしてくださいね。
 
今回は、先日行われた難関・有名大学記述対策模試の復習について話したいと思います。
 
受験した皆さん、いかがでしたか?
センターレベルの模試は受け慣れている人も多いかと思いますが、
今回の模試に関しては少し難しいな、
と感じた人も少なくないのではないでしょうか。
 
それは当然です。今回は2次、私大対策の模試なのですから。
だからと言って、できなくても仕方ないな、復習は適当でいいや、ではいけません。
 
この時期に記述模試を受ける意味を考えましょう。
受ける目的として
まずは自分の志望校と自分の実力のギャップを知ること。
これに関してはこの時期に知るからこそ意味があります。
2次・私大はこういう問題が出るのか、
ここを勉強しなければいけないのかと、
本格的な2次・私大演習が始まる前に知る必要があります。
 
また、自分の得手不得手を知るという目的もあります。
マーク模試と違い、あやふやな知識では記述は解けません。
記述模試を受ける事で
この知識があやふやだな、この分野は意外と定着してるんだな、
と気づくきっかけになります。
 
他にも、考えてみれば、その人それぞれに合う目的、目標が見つかると思います。
目的を明確にした上で模試を受験しましょう。
 
復習に関しても、難しいからいいや
ではなく
問題をしっかりと分析し、今後の学習に最大限に活かしましょう!
 
繰り返しますが、模試はただ受けるものではありません。
本番で合格するために受けるものです
 
身になる模試受験、模試復習を行いましょう!