☆赤本を解く大切さ☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2018年 11月 29日 ☆赤本を解く大切さ☆

こんにちは!早稲田大学文化構想学部に通う担任助手一年目の渡辺智也です!

今日は自分から赤本を解く大切さについて話そうと思います。

赤本というのは大学の入試問題の過去問の事です。

ではなぜ過去問を解かなければいけないのか、一つ目は敵を知るためです。

自分の志望校はどのような問題が出るのか、どの科目が重要視されているのか、どのレベルまで出来るようにならないといけないのかなど知っておかなければいけない情報を赤本から学ぶことができます。

これらのことを知っているだけでそのあとの勉強が変わってくると思います。

過去問の問題から分析し逆算することで今やるべきこと、科目のバランスなど明確になります。

それだけで勉強効率も上がり結果に直結する勉強が出来るようになります!

もう一つは、いまみんなが受けている模試と同じで本番を想定した勉強をするためです。

時間配分、解く順番など作戦立てをし、本番のように解いてください。

練習からそれを行うことで本番力が付き、本番で自分のいつも通りの力を出しやすくなります!

もうすぐ11月が終わります。受験生は時間が足りず焦っている人もいると思いますが、もう一度無駄な時間はないか考え、生活のすべてを勉強する気持ちで頑張ってください!

過去問などで難しい問題をやっていても、基礎をおろそかにせず今やるべきことにしっかり取り組んでください。

受験終わった後に後悔しないような生活をしていきましょう。

センターまで残り50日です。まだまだやれることはたくさんあるので一緒に頑張っていきましょう!