☆物理を勉強していくにあたって☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 5月 18日 ☆物理を勉強していくにあたって☆



皆さんこんにちは!
東京理科大学理工学部数学科2年の佐藤寛です!

もう5月も半ばですね!
新しい環境になって1ヶ月たって長いGWがあって…
みなさんは五月病にはなりませんでしたか!?

5月は新年度のスタートの勢いが無くなってきてしまう人が多くいます!

勢いがなくなってしまった人は目標を見据えて再スタートしましょう!!

さて!今回は
「物理の勉強法」
について話していきたいと思います!!

物理を使うみなさん。
もしかして
「英語と数学の方が大事だから、まだ本気で勉強しなくてもいいや!」
なんてつい後回しにしていませんか?

絶対だめです!!

物理をいまから始めなければならないその1は
「膨大な範囲」です!
物理は「力学、波動、電磁気、原子、熱」大きく分けるとこのように分かれています。
特に力学、電磁気は非常に範囲が広いので出だしが遅れてしまうと他の波動、原子、熱に使える時間がなくなってしまいます。
かといってセンターや二次私大の一般入試での配点はほぼ平等です。
ヤマを張らず、どの分野が出題されても対応出来るようにしましょう!!

理由その2は
「応用力が必要不可欠」だからです!
物理は他の理科科目と比べて圧倒的に応用力が必要です!
生物・地学が暗記7-80%
化学が5-60%と言われてる中
物理は20%程度の暗記で十分と言われています!!
これはメリットでもあります。ただその分の応用力をつけることに多くの時間が必要です。
物理はあらゆる分野がつながって問題が出題されます。
それぞれの分野での力をつけた後、発展問題等で応用力を養うことが大事です。

広く浅くでも狭く深くでもいけません。
「広く深く」

物理ではこれを意識して勉強に取り組みましょう!

また、物理は多くの解法が存在します!
自分にあった解き方をする問題集や参考書、先生を見つけてその解法のプロになりましょう!!

また東進ハイスクールでは部活動特別招待講習を部活動頑張っている受験生のみんなを対象に行っています!

まだスタート切れていない人受験勉強を後回しにしてしまっている人

少しでも当てはまったら上のバナーをクリックして、必要事項を入力して、校舎からのお電話をお待ちください!!

それでは皆さん!

校舎にてお待ちしております!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!