☆春日部校紹介!☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 9月 16日 ☆春日部校紹介!☆

こんにちは!

筑波大学生物資源学類に通う、担任助手2年の天久です。

長い大学生の夏休みもあと少しになりました。

私は夏休みが終わる1週間前から集中実験があるので少し早めに学校が始まります。

この集中実験、朝8時半から夜まで丸一日が5日間あるらしく今から怯えています…笑

残り少ない夏休みを有意義に過ごしたいと思います!

 

さて、今回は我らが東進ハイスクール春日部校の紹介です!!

春日部校のいいところは数え切れないほどあるのですが、その中から絞って2つ皆さんに紹介したいと思います。

1つ目は、校舎モットーです!

なにそれ??って思った人が多いと思いますが、春日部校はある1つのモットーを掲げています。

それは、人生を変える校舎

受験勉強が人生に大きく関わるからというのもそうですが、このモットーの意味はそれだけではありません。

受験勉強、大学受験はあくまで人生の中間目標にすぎません。

受験後もまだまだ続く人生のために、受験勉強を通してたくさんのことを学んでほしい。

受験勉強を、自分の将来や夢志を決定するキッカケにしてほしい。など様々な思いが詰まった校舎モットーです!

今自分頑張れていないな、なかなか勉強できないな、という生徒も、絶対に頑張らせる!

そして、勉強だけでなく部活動や学校のことなども頑張れるように指導していきたいと思っています!

 

2つ目は、グループ長会議です!

実際の内容は校舎アルバムに載っています。ぜひ読んでみて下さい!

第9回グループ長会議の様子

グループ長会議とは、各グループミーティングから1人リーダーを募り、そのグループ長が2週間に1回会議を行うものです。

そこでは、「理想のグループミーティングとは何か、それを実現するリーダーになる」

ということを常に考え、求め、グループごとの努力量の共有やグループミーティングをよくするためのディスカッションなどを行っています。

これの良いところは、ディスカッションやグループミーティングでの発信によりグループ長が成長するのはもちろん、そのグループ長に周りのみんながついていき、全体の努力量が上がることだと思っています

前回の会議では、公開授業に向けて決めた目標をみんなで達成するためにはどうすべきかなどを話し合っていました。

私も経験がありますが、立てた目標を立てただけにしてしまう高校生はたくさんいると思います。

しかし、グループ長が全員で目標達成するためにどうすべきか考えて発信することで本当に全員で目標達成に向かっていこうとする環境が整います!

私達担任助手も同じようなことができますが、やはり同い年で普段から一緒に努力している仲間の言葉の方が影響力が大きいです!

たった2つしか紹介できていませんが、少しでも春日部校の良さや様子が伝わったら嬉しいです!

 

今日と来週で2週連続3連休なので、たくさん勉強時間が取れると思います!

しっかり計画を立てて有意義な3連休にしましょう!