☆推薦入試について☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 9月 7日 ☆推薦入試について☆

最近は涼しく過ごしやすい日が続いてましたね。
でも昨日だけはすごい暑かったです。
9月に入り、新学期がはじまった人が大半だと思います。
暑さに負けずにがんばりましょう!
僕も大学ではテスト期間で友達と教え合いながらがんばってます!!
こんにちは!担任助手1年目の原田直季です。
今日、話すことは推薦入試についてです。
推薦入試と聞くとあまりピンとこない人がいると思います。
僕も推薦入試で合格を勝ち取ったのですが、周りからは逃げだとかそんなことを言われた時がありました。
でも推薦入試は逃げのように見えてむしろ攻めの考えなのです!!
どういうこと??
そういう人がいると思います。
よくよく考えてみてください。
一般入試は基本的に2月頃から始まります。
それまで緊張感を持ってできるものと言えば模試くらいです。
でも模試と本番では緊張感がぜんぜん違います。
それをいち早く体験できるのが推薦入試です!!
上手くいけば合格を勝ち取ることもできます。
結果がでなかったとしても本番の緊張感を味わえたことは他の人と比べてアドバンテージになります。
こういった考えを聞くと攻めだと思いませんか??
では、ここからは推薦入試の種類について話したいと思います。
①指定校推薦
これは学校からの推薦をもらって限りある枠を勝ち取り、面接や書類審査を通った人が受かる入試です。
決まった枠を取るには学校の評定平均が高い人から順に取ることができます。
なのでいま、1、2年生の人は学校の定期テストをがんばるそれだけで合格が取れるんです。
なんとすばらしい入試だろうと思った人がいると思います。
でもそのためには日々の勉強が重要になってきます。
その為にも日頃から学校の授業や定期テストを大事にやってみて下さい!!
②公募推薦
これは僕が受かった入試方法です!!
どういった入試かと言うとある程度の評定平均を超えていれば出願可能な入試です。
試験内容として筆記試験や面接、小論文などそれぞれの学校から課された課題をクリアして合格を勝ち取る入試です。
これは学校によって違うので各自調べて自分にあると思ったら出願してみましょう!
これも学校の勉強をしっかりとやっていないと評定平均が足りなくて出せない………。
なんてことにならないようにがんばりましょう!!
 
ずっと学校の定期テストが重要だと言ってましたね!
でも勉強嫌いだし、学校のテスト勉強の仕方がわからない。
そんな人もいると思います。
なんと
いま、東進ではそのような人向けの定期テスト特別招待講習を実施してます!!!
ぜひ、推薦入試を受けるためにがんばってみたい、もっと推薦入試の話を聞きたい、どんな理由でもいいです。
少しでも気になったことがあったら1度校舎に来てみてください!!
僕達が勉強法から何まで全部教えます!!
スタッフ一同お待ちしてます。
 
また、公募推薦、気になってる人いたら学部によって違うといいましたが少し話しときます。
薬学部は主に面接と筆記試験の2つありますがの筆記試験が重要視されるので薬学部目指してる人はどんどん受験勉強やっちゃいましょう!!もちろん学校の勉強もです笑
看護学部は面接が重要視されるので面接専用の塾に行くなり、学校の先生にやってもらったりして対策をたてましょう!!
 
受験生へ
もう9月です。
夏に結果がでなかった人もでた人も様々だと思います。
でも最後まで諦めずにがんばってください!!
その努力は必ず一生の宝になります!
合格までがんばっていきましょう!!
 
1、2年生へ
いまはまだ勉強はじめなくてもいいや、
なんて思ってたらすぐにそこには入試が迫ってます。
今から受験勉強スタートさせて第一志望合格へ突っ走っていきましょう!!