☆悔いのない夏休みをおくるためには☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 8月 6日 ☆悔いのない夏休みをおくるためには☆

こんにちは!

明治大学経営学部に通う
担任助手2年の木村優友です!
 
最近は気温が上がってきてとても暑いですね。
僕は、先日大学のゼミ合宿に参加し
山梨の山中湖に行ってきました!
山の上なので過ごしやすい気候でした。
その合宿は
与えられたテーマについてディスカッションをしたり
そのディスカッション内容を英語でプレゼンするなど
大変でしたがとても充実した3日間でした。
高校生の皆さんは
大学でやりたい事を今のうちから考えておくといいかもしれないですね。
さて
今回は8月に突入したということで
悔いのない夏休みの送り方
について述べたいと思います!
 
皆さんにとって
悔いのない夏休み
とはなんですか?
 
僕の考える悔いのない夏休みとは
やれるだけの努力をするという事は当たり前の前提として
この夏休みにやるべき勉強をやり切れる夏休みです。
 
この夏
やりたい勉強をやりきるためにはどうするべきでしょうか?
まずは
計画力をつけることです。
1日1日を
「なんとなくこの参考書やろうかな」
「この科目に飽きたから違うのを見やろうかな」
という風になんとなくで夏休みを過ごしてしまうと
やりたい事をやり切る前に
あっという間に夏が終わってしまいます。
 
受験本番から逆算して
夏休みに何をどれだけやらなければいけないのかを洗い出しましょう!
そして
それを1週間単位に落とし込み
さらに1日単位での計画に落とし込みましょう!
 
長期的な目線で計画をし
その後に短期的な計画に落とし込むことで
やり残し、やり忘れを防げます。
 
あとは
立てた計画通りにやり切る覚悟
計画が崩れたときに上手く調整する対応力
を鍛えることができれば
悔いのない夏休みを過ごすことができると思います!
 
夏の40日間
モチベーションを維持し続けるのは大変ですが
それぞれの目標に向かって頑張ってほしいです!