☆学科紹介・何を勉強しているのかについて~渡辺先生編~☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2018年 8月 1日 ☆学科紹介・何を勉強しているのかについて~渡辺先生編~☆

 

 

 

こんにちは!早稲田大学文化構想学部に通う担任助手一年目の渡辺智也です!

私はテストが25日に終わり夏休みが始まりました。来年留学に行こうと思っていて夏は授業がなくチャンスなので英語をたくさん勉強しようと思っています。

今日は僕の通っている文化構想学部について説明します。

おそらく文化構想学部という名前を聞いてもやることが想像つかないとおもいます。まず早稲田大学では文学部と文化構想学部が本キャンパスではなく戸山キャンパス、通称文キャンに存在します。そして一年次では学部の境界があまりなく文学部の授業も受けることが出来ます。

文化構想学部の特徴として、人文学メディア系の授業が多いことと一年次に第二外国語の授業が週に4回あることですです。今僕は、第二外国語としてスペイン語を履修していてどんどん授業が進むので復習が大変です。そして選択としてメディア系の授業を2つ取っています。

一つ目は、月9のむねきゅんシーンについて細かく分析し、カメラワークや主題歌などについて深く考えたりします。

二つ目は、同じ作品の少女マンガの原作と実写化された映画を比較し、共通点や違いについて分析する授業です。

このように他の学部では学べないような授業やメディア系に就職したい人にはもってこいな授業がたくさん受けれます!

二年次からは、論系に分かれ社会学系や人文学系、メディア系、出版系などいろいろなことを専門的に学べます。

今、夢がない人も幅広いことを学べるので夢を見つけることが出来る素晴らしい学部だと思います

志望校が決まっている人も決まっていない人もこの夏休みにぜひいろんな大学のオープンキャンパス行ってみてください!!