☆合格設計図を活用しよう!☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 10月 13日 ☆合格設計図を活用しよう!☆

こんにちは!!

東京学芸大学 教育学部 中等教員養成課程 英語専攻の菅沼颯太です!

この時期になるとようやく先生方が高2生に

「君たちは受験生だ」

と言い始める学校が出てくるでしょう。

ちなみに僕の母校某高校では11月の修学旅行の直後に言われ始めました。

それでもなかなか生徒の心は動かないもので当時学年の雰囲気が変わった様子は無かったですね。

まさかそれでも遅いだなんて思いもしませんでした。

「受験にフライングもスピード違反も無い。」

まさにその通りでした。

 

さて今日話していく内容は合格設計図です!

合格設計図とは東進ハイスクールで使用している受講などの長期的な計画表のことです!

合格設計図の重要性は主に二つです

 

1つ目は学習の“修了予定”を明確化することができる点です!

例えば受講であれば残りコマ数が多かったとしても

合格設計図を立てることによって全受講の修了日が明確に可視化でき

修了目標日近くで必須受講コマ数が大きくなってしまうのを防ぎます。

もし無計画で受講を進めると、「やばい間に合わない」と後々なってしまう可能性が高いです。

受験においての“遅れ”は取り返しのつかないミスとなります。

 

2つ目は一週間ごとに何コマ受講を受ければ良いのかがすぐにわかる点です!

東進ハイスクールでは1週間の予定を毎週立てるのですが

その際に合格設計図を見ればその週に何コマ受ければ良いのか一目瞭然です!

それに従って受講をすれば勉強が遅れることは無いはずです。

計画は入試日までに自分のするべき勉強をすべてこなすのに欠かせないものです!

 

欠かせないものは他にもありますね

それは過去問です!

来年から試験方式が変わり大学共通テストが実施されます。

そのため現在共通テストの過去問が一切無い状態です。

いかに共通テスト形式の問題演習量を確保するかがライバルとの差をつける上でカギとなってきます!

10/27に共通テストに対応した全国統一高校生テストを無料でご招待します!

少しでも受験を有利に進めるためにも、この貴重な機会をお見逃しなく!

また保護者様向けの教育講演会や東進の講師が生で授業を行う公開授業も実施いたします!

それぞれこのブログのバナーからや、電話、訪問でお申し込み可能です。

スタッフ一同お待ちしております。