☆合格した生徒紹介〜越谷北高校S君編〜☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 3月 20日 ☆合格した生徒紹介〜越谷北高校S君編〜☆

こんにちは、立教大学経済学部経済学科3年の杉田です!

徐々に暖かくなり、の陽気が現れていますね!

高校3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

進む道は各々ではありますが、高校3年間を共にした仲間は

生涯付き合いが続いていきます。

次会った時に大きく変わっている人もいるでしょう

そんなことも楽しみにしながらこれからの人生を楽しんでください!

さて、

私自身もこの1年間は担任1年目として努力し続けた年でもありました。

私自身、現役の時は逆転合格して立教大学に通っているので

『1人でも同じ経験をさせてあげたい』

という思いを持ちながら日々働いています。

そして、今年見事に逆転合格を果たした生徒の1人をぜひ紹介させてください!

越谷北高校サッカー部のS君です!

彼は4月から私の母校である立教大学に入学します!

彼は高校2年の3月に東進に入塾してから夏までは、

正直なところ、実力的に明青立法中レベルに合格するのは

難しい生徒でした。

6月の数学ⅡBの点数は9点でした

担任としてもたくさん悩みました。

もともとネガティブだったS君はこの時期メンタル的に

非常にきつかったと思います。

ただ、そんなS君が受験を最後まで乗り越えられたのには確固たる理由が

2つあります

1.志望校への拘り

2.受験の苦楽を共にした仲間

彼はネガティブで、入塾当初も志望校は

決して高いものではありませんでした。

それだけでなく、ゲームがとても大好きな子でした。

後悔のない受験にして欲しかった為、

志望校については面談を結構な時間をかけました。

そうしていくうちに実は上を目指したいという気持ちが奥底にはあり、

現状の点数では難しい状態でしたが、覚悟を決めて

志望校を早稲田大学 教育学部に設定しました。

そして、大好きなゲームも禁止しました。

そこから彼の勉強に対する姿勢は激変しました。

志望校と自分とのギャップをちゃんと受け止め

努力量が上がりました。

そうしていくうちにネガティブな思考が少しずつポジティブになっていきました。

志望校を決めてから受験当日まで、順調に成績を伸ばしてきたわけではありません。

そんなS君を支えてきたのは我々スタッフだけでなく、

同じ高校のクラスの友達や部活動の仲間でした。

彼と同じクラスの友達は春日部校に5人

部活の仲間は7人いました。

彼らが苦しい時嬉しい時もお互いを励まし合い、喜び合い

時には、競い合い助け合い

そんな存在がS君にとってとても大きかったと思います。

そして、早稲田大学の試験が終わった後、数学の試験に関して

電話口で「もしこれで合格してなかったら、しょうがない。

やれることはやりきった。」

S君の成長を感じました。

早稲田大学に合格させてあげられなかったことは本当に悔しいですが、

担任を持ててよかったなと思っております。

我々と本気で受験を戦いませんか?

S君は1日24時間しかない中で

本人にとって大事な「ゲーム」をやめました。

人生を変える為には、新しい事に挑戦することだけでなく、

今習慣になっている何かを辞める必要がある。

スマホでSNSをみている時間、

Youtubeをみている時間、

何かを手に入れるには相応の代償を払う必要がある。

皆さんは何を代償に第一志望合格を手に入れますか?

本当に第一志望合格を手に入れたいのであれば、

決めたことを続けるだけの環境を作りましょう!

春日部校にはその環境があります。

春日部校に通ったことを後悔させないだけの環境が揃ってます。

今日までにお申し込みで最大2講座無料で体験授業を受けられます。

「新年度特別招待講習を受けたい」とお伝えください!

是非一緒に頑張りませんか?