☆千題テストの復習の大切さ☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2018年 12月 10日 ☆千題テストの復習の大切さ☆

こんにちは!
日本女子大学家政学部児童学科に通う担任助手1年の田中南緒です。
 
今の時期学期末テストがある高校が多いと思いますが、みなさん勉強できていますか?
受験生の皆さんは今二次対策をしている人がほとんどだと思いますが、約1ヶ月後にあるセンター試験本番に向けていつごろセンターの過去問に戻ろうかなど考えていますか?
12月はクリスマスなど楽しいイベントがありますが、ちゃんと勉強のことも考えましょう!!
 
さて、今日は12月1日、2日にあった地歴千題テストの復習方法について話したいと思います。
復習方法①音読をして流れをつかむ
音読をすることでどの時期に何があったかや、その出来事の後に何が起きたのかがわかるようになります。
また、ただ暗記するだけでは頭に入らないのでおススメです!英語などにも同じ復習方法が使えます。
 
復習方法②書いて覚える
当たり前のように思う人もいるとおもいますが、とても大事なことです!
オレンジでかいて赤シートで隠すだけではその場では覚えられてもすぐに忘れてしまいます。
なので、赤シートで隠したところを何回もかいて覚えるようにした方が良いと思います。
私がやっていたのは暗記したいところを青ペンで書くということです。
青ペンで書くと、集中力が高まり心がやすらぐと言われているので私はやっていました!
皆さんもぜひ試してみてください!!
 
地歴千題テストを復習して全部覚えられたらセンター試験では7~8割とれます。
なので今から復習をしっかりやりましょう!