☆ライバルを持つことの大切さ☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2018年 11月 7日 ☆ライバルを持つことの大切さ☆

こんにちは!立教大学経済学部3年生の杉田です!

恥ずかしながら、3年目にして初めて母校の学園祭に顔を出してみました。

活気に溢れてましたね。個人的に橋本環奈さんが来るということだったので楽しみにしていたのですが、あんなことになってしまい残念です。

さて、今日はライバルの大切さについてブログに綴りたいと思います。

これは、高校2年の3月センター英語74点だった自分が

センター本番で174点まで伸ばし、

立教大学他、明青立法中レベルの大学に合格できた所以でもあります。

受験においてライバルの存在が大きな意味を持つことは

誰もが聞いたことがあると思うのですが、

自分の実体験を元に話したいと思います。

私はライバルという存在を複数持っていました。

1つは同じ部活の仲間

2つは各科目の自分より点数の高い人

やはり、同じ高校の同じ部活の友達であれば、

部活内で競い合って、勉強でも点数を競い合うことで

お互いに意識しながら部活も勉強も飽きずに高め合えます。

各科目の自分より点数の高い人を勝手にライバルに置き、

遠すぎる目標よりも近い目標を設定することで

毎回の模試での自らの指針になります。

 

何と言っても、辛く、心が折れそうな時に救ってくれるのが

ライバルという存在なのです。

自分にとってのライバルって誰なんだろう?

もしかしたら隣の席のAくんかもしれない。

もしかしたら同じ部活のWくんかもしれない。

この冬、そんな一生のライバルを探してみては

いかがでしょうか

 

春日部校では、冬期特別招待講習をやっています。

3年生になってからでは、

太刀打ちできなくなっています。

始めるなら今じゃなきゃ遅い。

今すぐスタートをきりましょう!