☆センター模試前の準備について(文系)☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2019年 8月 24日 ☆センター模試前の準備について(文系)☆

みなさん、こんにちは!

慶應大学法学部法律学科1年の野口真央です。

夏休みもあっという間に終わってしまいますね。どんな夏休みを過ごしましたか?

私は、大学生の夏休みって思ったよりも時間がないな~と思う夏休みでした。

 

さて、今日はセンター模試前の準備についてお話します!

文系編とタイトルにありますが文理共通する話もしますので、理系,医系の方もみて下さいね。

 

①前の日は早く寝る、当日は早起きしよう

当たり前ですが、睡眠時間が足りないと、模試の日も眠くなってしまします。そうすると問題を解きながら寝てしまったり、集中力を削がれます。

また、当日早起きすることにも意味があります。

脳は起きてから3時間後から働き出すと言われています。ということは試験が始まる3時間前に起きるのがベストですね☆

模試は自分の実力を測る上でもっとも重要なものです。しっかり睡眠時間をとり、早起きし、100%の実力を発揮しましょう!

 

②目標を決めよう!

せっかく時間をつかって模試を受けるのですから、目標が無いともったいないです。

目標は何でもいいです、例えば英語8割をとる、とか。

(ちなみに8月のセンター模試で英語8割突破できるぐらいの実力があると、二次対策の英語もスムーズに行えると言われています。)

私が目標としてオススメなのは、第一志望校に合格した先輩が去年取れていた点数を超える、ことです!

これはどの模試にも言えることですし、過去問を演習するときにも意識をすることで

学習をメリハリのついたものにできます。

あとは、その目標達成のために自分がどこが足りないのか、を大問レベルの細かさで分析し、やるべき参考書や演習を行いましょう。

 

③演習をする

沢山演習して問題形式に慣れることが重要です。

とくに数学などはセンター独自の誘導などがあり、数多く問題をこなすことで有利になります。

また国語などは演習を通じてしか理解できないことがあるので、演習を多くやるのが効率的です。

 

大きく分けて上の3つのことが大事です。模試当日は頑張ってきた自分を信じて全力で頑張りましょう!