ブログ | 東進ハイスクール 春日部校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 - Part 2 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ 2021年03月の記事一覧

2021年 3月 17日 ☆4年間を振り返って-大槻ラストブログです‐☆

みなさんこんにちは!そして、さようなら、、

武蔵大学経済学部経済学科に通う担任助手4年の大槻美夢、これが最後のブログです、、、!!!!

14日すごい強風だったじゃないですか。なのにその日ピクニックの予定を入れてて、予定を変えずに強行突破したんですよ。

お弁当も全部作って結構自信作だったんですけど、風が強すぎて味わえなかったです。悲しい、、、。めっちゃ豪華に作ったんですよ!!

あ、大学の期間って人生の夏休みって呼ばれてるって知ってますか?(本当に色んなことが出来る貴重な時間だったと思います。)

そんな人生の夏休みも残すところあと2週間程度なので、できる限り全力で楽しみたいと思ってます☆

 

さてさて、最初にお伝えしたように今日が最後のブログになるので、担任助手の4年間を振り返ろうかなと思います。

春日部校に入学したのが高校2年生のはじめだったので、担任助手の期間と合わせると春日部校には6年間お世話になりました。

なんで4年間も担任助手を続けたんでしょうか、、んーーーー。

やっぱり一番大きかったのは、生徒が好きだっていうこと、そして一緒に働く春日部校のスタッフが好きだったということだと思います。

毎年受験生と新学年の子たちを担当していると、新学年の子たちの受験が終わるまで自分で面倒をみたいって思ってしまうんですよね(笑)

この4年間で担当した生徒の中には第一志望校に合格させてあげられなかった子も、第一志望校に合格した子もいて、

自分が担当で申し訳ないっていう気持ちにもたくさんなったし、大槻先生が担任でよかったと言ってもらえることもありました。

4年間関わってくれたみなさん、本当にありがとうございました(^^)

春日部校で沢山の生徒に出会えて、大槻先生って呼んでもらえて、本当に幸せでした。

 

せっかくなので、担任助手を経験して学んだことをみんなに伝えて終わりたいなと思います。

①誰かのために頑張ることの大切さ

→利他精神ってどういう意味か知っていますか?利他精神=「相手の、または他人の利益を重んじ、自己をささげる心構え。利他を行動原則とする考え方。」

担任助手の仕事って本当に、この利他精神がなければ成り立たない仕事でした。常に生徒の第一志望校に合格のために何ができるかを最優先に考えて先生たちは働いています。担任助手の仕事を通して、相手のために自分には何ができるかを常に考えることの大切さ、そして、相手のためにしたことがいずれ自分に返ってくるということを学びました。私の性格上もあるかとは思いますが、自分のためだけだと結局頑張れる範囲に限界があるんですよね。でも、誰かのためにとなると発揮できる力はすさまじいです。受験も実は自分のためだけではなく、応援してくれている家族や先生たちのために頑張るっていう考え方もできますよね。

②ベクトルを自分に向けることの大切さ

→ベクトルを自分に向けるってどうゆうことかわかりますか?例えば、部活でなかなか頑張ってくれない人がいるとします。その時に、「なんであいつ頑張ってくれないんだよ。」ではなく、「あいつが頑張るために私は何ができるかな」「あいつが頑張れるために私は何か取り組めたかな」って考えてみて欲しいんです。目の前で起きている状況や環境は自分が関わって作り出されたわけだから、自分の責任。まずは自分に何ができるのか、自分が出来ることを精一杯やり切ったのか考えてみてください。この考え方、本当に大切です。誰かのせいにしない。自分が変われば周りは変えられます。

③チームで一つのことをやり遂げる大切さ

→担任助手の仕事はすべて一人ではできませんでした。本当に春日部校の生徒全員を第一志望校に合格させるためには全スタッフが同じ方向を向いて、同じ目標に向けて頑張っていなければいけません。一人でも気持ちがすれ違っていたりすると途端に小さなイベントから、生徒たちの成績まですべてがうまくいかなくなることをこの4年間で身をもって経験しました。受験も同じです。一人で頑張れば合格できるかといったら、そんなことないと思います。家族や先生たちに支えられて、同じグループミーティングの人たちと切磋琢磨し合って頑張っていますよね。チームで何かに取り組み事の大切さをみんなにも忘れないで欲しいなと思います。

 

他にもまだまだ伝えきれていないことはたくさんありますが、、

長くなってしまうのでこの辺で終わりにしようかなと思います( ..)φ

 

4年間、本当にありがとうございました!

 

本当に、東進ハイスクール春日部校は素敵なスタッフと生徒たちが沢山いる校舎です。

招待講習でも、一人ひとりの生徒に寄り添って、一緒に第一志望校に合格するための計画を立ててくれます。

4月1日からはみんな受験勉強を始めるから、このブログを読んでくれている人たちには3月にスタートを切って欲しいと思っています。

春日部校に関わる全ての受験生が第一志望校に合格しますように、心から応援しています。

4年間、私のつたないブログにお付き合いいただきありがとうございました!!!

みんな、ばいばい( ・・)/~~~♡

2021年 3月 13日 ☆合格報告会の発表者紹介(Sくん越谷高校出身)☆

 

ハローエヴリワン!!!

筑波大学 理工学群 工学システム学類に通う遠藤雅弥です!

最近はようやく暖かくなってきて心地いいですね!

私は昨日衣替えをして春服を着ました!それでも少し暑い気もするような天気でした。

もう春が近づいてきているそんな気にさせてくれました。

春と言えば分かれと出会いの季節ですね、

今日は今年越谷高校卒業し、春から慶應大学に通うS君について紹介したいと思います!

S君が東進に入学したのは高校1年生でした。

高校1年生から受験を意識して東進に来てくれたのです!

そして志望校を超難関校である東京工業大学にしました!

私がS君と出会ったのは2年前、S君が高校2年生になったばっかの頃です。

初めてあった時の印象は自信に満ち溢れた目をしているなと思いました。

そこからS君の勉強のサポートしながら物理はどういう勉強をしたらよいか、どこから手を付ければよいか、

いつまでにどれくらいの成績を取っていればよいかなどを話し合いました。

S君は私の言ったことを鵜呑みにするのではなく必ず自分で考えてからそれが最善だと思う方法で勉強に取り組みました。

そして、やると決めたことは大体最後までやり切ってくれました。

するとS君の成績はみるみる上がり、高校3年生になるときには東進春日部校の中ではトップクラスの成績を取っていました。

高校3年生になっても勉強の量を減らすことなく努力し続けました。

夏になると過去問演習をはじめ、最初のほうは東工大のくせのある問題に苦戦し、なかなか自分の思い通りの点数を取れませんでした。

その後も苦闘しながらも東工大の問題を解き続けていると、問題にも慣れてきて、点数が合格最低点あたりまで近づきてきました。

それが11月頃だったと思います。ちょうどそのころにあった東工大模試ではC判定を取るまでに成績を伸ばしました。

そして併願校である慶應大学、早稲田大学の問題にも触れ始めました。

そして年を明けた1月から共通テストの対策にも始めました。

ふつうは8月頃に共通テストの対策をするのですが、東工大は共通テストはほぼ無関係で2次試験の点数だけで合否が決まるちょっと変わったやり方なのです。

そのため、共通テスト利用で併願校を抑えられたらラッキー的なノリで勉強していました。

そして、共通テストを終え、併願校の試験もおえ、東工大を受ける前までに、

明治、理科大、慶応大学からすでに合格を勝ち取っていたので、それほど緊張することなく、

東工大に望めたようでした、

今年の東工大の試験はコロナを考慮してか、対策していた数学Ⅲが出ず、残念ながら不合格となってしまいました。

でもS君は悔いはないとはっきり言ってくれました。

受験する前の自分に戻れるとしたらという質問をしたのですが、

失敗もすべて飲み込んで今の自分に成長できた、やり直すところなんてないと答えてくれました。

私は今までに何人にもこの質問してきて大体もっといついつに勉強すればよかったとか、勉強法を変えればよかったとかいうのですが、S君は自分で考えて進んできたので間違えた道で行きどまりだったとしてもその道が違うとわかって正しい道に進めたといってくれました。

その言葉をきいて、私は感動しました、こんなこと言える受験生がいるのだと、

S君は後輩に自分で考えて自分の正しい道を進めば悔いの残らない受験になると言ってくれました

S君は3月16日に合格発表会をしてくれます。

是非東進生だけでなく、越谷高校の人、東工大学志望の人、それ以外の人

S君の発表を見に来てください!必ずあなたの受験の成功に勝ち筋を指し示してくれるはずです

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

2021年 3月 12日 

この春頑張りたい方必見!!

 

東進ハイスクールでは、新年度特別招待講習を行っております!

勉強に悩みがある人、この春本気で頑張りたい人

ぜひ、一緒に頑張っていきましょう!

 

授業を受けるだけでなく、受験のことや志望校についての相談なども行えます!!

 

本日が、3講座申し込みの締切日になります。

校舎でお待ちしております!!

 

2021年 3月 10日 ☆3月末まであと3週間!!受講計画は順調ですか?☆

 

みなさんこんにちは!!

青山学院大学 教育人間科学部 心理学科に通う新井千夏です。

緊急事態宣言がまた2週間伸びてしまいましたね、、

本当なら長い期間の休みを使って旅行に行きたいし、たくさん遊びたいと思っていたので残念です。

でも青学は4月から全授業のうちの7割を対面で実施することが発表されているので、そのためにもう少しおとなしくしていようと思います。

少し前のブログでも書いたかもしれませんが、こんな時こそ、自分のために今できることを見つけたいですよね。そう思って、今は教習所に通ったり、習い事をしたり、1年間怠けてしまった英語の勉強を少しずつですがさぼらないようにやったりしています。

毎日家で過ごすのもラクですが、春休み中などもやりたいことを決めると少し充実した毎日になるなーと実感しています?

 

高校生のみなさんもコロナのせいで、部活ができなかったり、さまざまな行事がつぶれてしまったりしていると思います。大会もなくなったりしてモチベーションを保つことが難しくなっているかもしれません。

しかし!!この時間がある今だからこそ!勉強に対して熱を注ぎませんか!!

この先、部活が始まれば、また毎日部活や授業の予習や復習に追われる日々が始まります。

1日の勉強時間は格段に減ってしまうことになるし、高3の4月からはみんな勉強を始めるため、差をつけるどころか、同じ志望校レベルの人たちの成績から遅れをとらないように必死になるしかなくなります。

だから今やるしかないのです!!

東進ハイスクール春日部校では、3月末に受講を完全修了することを目標としています。

これは、3月末までに一通りのインプットを終えることで、演習や復習に十分な時間を費やすことができるためです。

第一志望校に合格するために1番大切なことは、その志望校の傾向や出題範囲がよくわかる過去問をとにかくたくさん解くこと。具体的な時期としては夏休みくらいから解き始めることになります。

ということはそれまでに第一志望校の過去問に対応できる力を身に着けて置く必要があるのです。

だから、新学期が始まる前に勉強量を増やしていき、

主要科目(特に英語)は3月中に完成させる、副科目は1通りの学習が終わっている。

この状態を目指す必要があります。

みなさん、今のままの計画で、本当に3月中にこの状態になることができますか??

これができれば、4月からの演習にスムーズに入っていくことができますが、逆に言えば、この状態になることができなければ、志望校合格のためのスケジュールが崩れていってしまうことになります。

もう一度、自分がやるべきことを見直して、この3月、あと3週間を最高に充実したものにしましょう!!

 

また東進ハイスクールでは現在、新年度特別招待講習を実施しています。

1日1日が勝負になってくるからこそはじめるなら今です!!

いまこのブログやホームページを見てくれたみんなに1年後合格を勝ち取っていてほしいです!

少しでも気になった方は上のバナーからお申込みいただけるので、ぜひ春日部校に一度足を運んでください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 

2021年 3月 6日 ☆合格報告会開催!発表者の紹介☆

 

ご無沙汰です!

担任助手1年武富です。

 

暖かい日も出始めてだいぶ春らしくなったかと思います。

つまり花粉との闘いの勃発です!あと約3か月間の耐え期間ですね。

 

今回はきょう開催される合格報告会について書きます。

発表者は二人いて、明青立法中の合格者です。

一人は浦和高校出身のYくんです!

Yくんはこの春から明治大学総合数理学部現象数理学科に進学します。

高2の冬頃から東進に入塾し、理系3科目の得点を1年間で130点上げました!

また陸上部に所属して、両立を成功したのもYくんの頑張ったポイントです。

部活との両立に悩んでいる方はぜひ!

 

もう一人は越ヶ谷高校出身のTくんです!

Tくんは春から中央大学法学部国際企業関係法学科に進学します。

Tくんは中央大学法学部を第一志望校に設定して、校舎でもトップレベルの努力量で勉強に取り組みました。

結果、第一志望合格を果たしました。

 

明日はそんな二人が自分の体験を話してくれます。

直近で受験を経験した身として貴重な話が聞けるいい機会かと思います。

またこの報告会は東進生以外の人も大歓迎です。

時間は16:45~からです。校舎でお待ちしております!

 

また東進ハイスクールでは現在、新年度特別招待講習を実施しています。

受講だけでなく、予備校の雰囲気を知りこれからのことも聞けるイベントになっています!

お申し込みは上のURLから!