☆大学入学共通テストまで14日となりました☆ | 東進ハイスクール 春日部校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2021年 1月 2日 ☆大学入学共通テストまで14日となりました☆

あけましておめでとうございます。武蔵大学経済学部4年の大槻美夢です!

2021年がやってきましたね!!31日は千題テスト、今日も開館登校してくれた受験生の皆さん本当にお疲れさまです。

新学年の生徒も今日は15人程登校してくれました!新年1日目にどれだけ頑張れたかってすごく大切だと思います。

1月1日に校舎で勤務を担当するのは、実は今日が初めてで緊張していましたが、新年から大好きな生徒のみなさんに会えてとってもハッピーです!今年もがんばりましょうね✴︎

私は今年から社会人になるので、「変化」と「努力」をモットーに成長できる1年にしていきたいなと思います!4年間春日部校の担任助手として特に環境の変化もなくぬくぬくと過ごしてきた身からすると「変化」は大嫌いなので、不安もありますが、、これまで春日部校で経験したことを胸に頑張ります!!

ぜひこのブログを読んでくれているみなさんも2021年をどう過ごしたいか考えてみてください!そして教えてくれると嬉しいです(^^)

前置きが長くなりましたが、いよいよ大学入学共通テストが2週間後に迫っていますね。年が明けると一気に受験が目前になり、不安になっている子も多いのではないかなと思います。でも、昨日の田中先生のブログにもあったように、どんなに不安でも焦っても残されている時間はみんな平等に14日間です。

本当に人生の中で受験が一番平等な試験だったんだなと就活を終えた今思います。就職活動はこれまでの経験や性格が企業の求める人物像に合わないと受からない運要素が強いですが、受験は期限が決まっていて、性格やこれまでの経験ではなく、本番の点数だけで合否が決まる試験だからです。

そんな大学入試で勝っていくために、残りの14日間をどう勉強していくか改めて考えて欲しいと思います。共通テストに全振りする人もいるだろうし、2次との割合も人によって違うと思うので、不安な人は担任や副担任と一緒に計画を立ててください!

本番に向けての練習として、1月4日、5日には「共通テスト完全再現演出会」もあるので、そこで本番を想定した休み時間の使い方や問題の時間配分を試して備えましょう!!

違う考えの担任助手の先生もいると思いますが(前田先生とか多分私とは考え方が違いますよね)、私は受験の合否で人生の全てが決まってしまうとは思っていないし、受験生として努力した1年間に意味があると考えています。ですが、やはり、春日部校のみんなには大学受験を成功体験として終えて欲しいし、努力が実を結んで欲しいと思っています。

先日のブログにも書きましたが、どれだけ勉強しても新しく不安は出てくるし、絶対大丈夫な状態ってないと思うから、自分の目標と毎日のやるべきものをずらさずにやっていきましょう!

とんでもなくまとまらないブログになってしまいましたが、春日部校のみんなにとって2021年が幸せな年であることを願っています!!みんな大好きです!!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!今年も春日部校と大槻を宜しくお願い致します!