☆高校時代の過ごし方6,7月編☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 28日 ☆高校時代の過ごし方6,7月編☆

 

 

皆さんこんにちはこんばんは!

早稲田大学文学部担任助手1年の塚越凜です。

最近は午前中が暑くて、午後になったら雨が降り出す天気模様が多いですね~。

早く梅雨明けしてほしいです!!

ジメジメしていると屋内で過ごすことが多くないですか?

スポーツがしたいけど雨、、、みたいな日。

そんな日に向かう場所と言えば学校の図書室ですよね!

私は県立不動岡高校出身ですが、高校の図書室(不動岡生的にはメディアセンター)が大のお気に入りの場所でした。

今日は私が不動岡のメディアセンターで出会った漫画から皆さんに言葉を送りたいと思います。

 

 

「畳の上の格闘技」

これ、なんのことかわかりますか??

この言葉でピンときた人は、これから私がなんの漫画を紹介するつもりなのか分かったでしょう!

そう、「畳の上の格闘技」とはずばり、、、

 

競技かるた   です!!

そう、今日紹介する一言は「ちはやふる」

からの一言です。

「ちはやふる」は競技かるたに青春全てをかけて挑んでいる高校生たちの物語です。

広瀬すずさん主演で実写映画化もされたので、

タイトルだけでも聞いたことある!!って人は多いと思います。

すずちゃんが演じた主人公、千早は小学生の時に競技かるたに出逢い、

高校では自分で競技かるた部を作り、日本一の称号であるクイーンを目指して

仲間たちやライバルとともに突き進んでいく物語です。

 

千早は今皆さんと同じ高校三年生。そう、受験生なんです。

千早は受験勉強とかるたを両立していくことを決心します。

日本一を目指す者にとって、それは本当に過酷なことです。

だけでも千早は大好きなかるたも受験勉強もどっちも譲らないと決めました。

そんな千早の覚悟のこもった一言を紹介します。

 

『今やるべこ事から目をそらすのは、

逃げなんじゃないのか?』

 

です。

 

私は高校生の時に、このセリフを読んだ瞬間に、この言葉がグッと胸に刺さりました。

誰しもなにかやり遂げたいことがある。

でも、そのためだから、といって目に前ある「今やるべきこと」から逃げるんじゃない。

自分の夢ややり遂げたいことは、「今やるべきこと」を乗り越えた先に待っている。

 

その時の私にとって「今やるべきこと」は勉強で、やり遂げたいことは部活の大会でした。

「ちはやふる」を読んで、部活のためにも今は勉強をやるしかない!!と覚悟を貰えました。

この千早の言葉で皆さんの心が少し動いたらいいな~と思います✨

 

 

さて、本題ですね(笑)

皆さんにとってやり遂げたいこと、夢はなんですか?

誰しもみんな違うものをもっていると思います。

将来の職業だったり、大学で学びたいこと、大学生でやりたいこと、部活、趣味、、、。

私は部活の大会で金賞が取りたい!!ってこの時期は思っていました。

 

 

「やり遂げたい」ことは十人十色だとしても、「今やるべきこと」は一緒です!!

模試が返ってきて、それがはっきりと具体的に見えてきたと思います。

「今やるべきこと」が分からないひとも、副担任の担任助手との合格指導面談を通じて、

一緒に具現化していきましょう!

 

 

いつか叶える自分の目標に向かって、「今やるべきこと」から逃げずに乗り越えていきましょう!

 

 

 

 

最後までお付き合いくださり

ありがとうございました。