☆留学について☆ | 東進ハイスクール 春日部校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 9月 5日 ☆留学について☆

皆さんこんにちは!

担任助手一年、慶應義塾大学経済学部大槻勇裕です!

 

みなさん、最近は日本までもが海外志向になりつつあります。

なぜでしょうか?

 

それは、現在も進行している通り不可逆的なグローバル化が原因だと言うことができます。

 

これにより、日本企業が市場を海外へ拡張しグローバルな人間の需要が高まる時代になりました。

そんなわけで、学生のうちに留学することへの重要性も同時に上昇しました。

 

そこで、今回は留学についてお話ししていこうと思います。

 

まず、留学するメリットについて軽くお話ししていこうと思います。

留学するメリット一つ目は語学能力の向上です。

 

実際にその言語が使われている地域、環境で生活するので日本にいるよりも高スピードで語学を習得することができます。

 

留学するメリット二つ目は海外の文化や慣習を知ることができるです。

 

語学能力と同じくらい意思疎通に必要なのが文化的背景知識です。

異国の文化と自分の国の文化が必ずしも一致するとは限りません。

カルチャーショックが起きてしまうのもこれが原因です。

 

お互いの文化を理解することは平和への架け橋になるので大事なことだといえます。

 

留学するメリット三つ目は自分の価値観を変えることができるです。

先ほども述べた通り海外での経験は自分の価値観を変えることにもつながります。

 

海外経験を通して様々な習慣・宗教・文化に触れ新しい価値観に気づく自分を発見することができるでしょう。

 

留学するメリット4つ目は就活の際に自分のアピールポイントを作れることです。

 

冒頭でも述べた通り、海外での経験や留学によって身につけた語学能力は就活の際に必ず自分のアピールポイントになると思います。

グローバル化が進む中、変化するビジネス形態にうまく対応できる人員が求められます。

なので、海外で働いたことのある人財や他の言語で意思疎通の図れる人材こそ現代の企業のニーズに応えることができると言われているのです。

ましてや、外資系の企業に就く際には英語の能力は欠かせないでしょう。

 

このように、学生時代に留学で得られるものは生涯を通しての武器になるのです。

 

しかし、留学には長期間にわたる準備が必要となります。

留学をしようと決意してすぐに行けるものではありません。

準備は出発の一年前から始まります。

 

まずは、自分の大学の国際センターに相談してみるところからです。

 

大学によって準備するものは異なるかもしれないですが、共通して必要なものを紹介させていただきます。

 

まず必要となるものが、TOEFL、IELTSのスコアです。

これをもとに留学先を決めたり、学校内での選考を行います。

 

世界基準で採用されているテストなので日本人には難しくできています。

ここでスコアを取得しないとそもそも留学に行くチャンスすら得られないと考えてもいいかもしれません。

長い期間勉強が必要となるかもしれません。

 

もう一つが留学の志望理由書の作成です。

 

留学に行くからには何かしらの目的があるはずです。それを文章化し自分の希望留学先に送ることがあります。

そのため、留学先の言語で自分の志望理由や学習計画を書かなければならないので相当な覚悟も必要となります。

 

このように、留学に行くにも様々な準備があり地変ですね。

 

大学二年生で留学に行く際にはその出願が一年前となるので大体一年生の秋には出願しなければなrません。

そのため、留学を考えてる人は大学に入ったらすぐに留学の準備をする必要があります。

 

こういったことを知らずに、留学の機会を逃してしまう人も多々いるので、留学の準備には時間がかかることを頭に入れておくといいでしょう。

 

 

大学生になったらたくさんの経験をする機会が与えられるので逃すことなくその機会を掴み取ってください!