☆模試の活用法☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2020年 2月 23日 ☆模試の活用法☆

こんにちは!青山学院大学 総合文化政策学部1年の隅田ひかりです!

私大の入試はほとんど終わり、明青立法中などの合格発表も出てきていますね!わたしは自分の担当の生徒が第一志望校に合格して心の底から嬉しかったのと同時に、自分の受験生時代を思い出しました。

自分のやりたいことを考え志望校を自分で決めて、そこに向かって努力し続ける大学受験はすごく価値あることだと改めて感じています。受験を終え大学に入りもうすぐ1年が経ちますが、1つの目標に向かってあんなに努力し続けることはなかなかないなと思います。今の大学を目指した頃や合格した時の初心を思い出し、私も新たな目標に向かってまた努力をしていきたいと、受験生をみていて感じました!

 

さて、目標を持つことの大切さについて話しましたが、模試でも具体的な目標をもって臨むことは大切です!

今日は、模試の活用法についてお話します!

みなさん半日または一日かけて模試を受けているのに、ただ受けるだけではすごくもったいないです、、、

せっかく模試を受けるなら、受験前の目標設定や受験後の復習、分析もしっかりして、模試の効果を最大化しましょう!

 

まず目標点が定まっていないとモチベーションも上がらないし、結果が出てもあと何点どこで上げるかなどを考えられません。志望校の昨年合格者の点数などから、科目ごとの具体的な目標点を決めてください!

そして模試を受けたら遅くても一週間以内には復習しましょう!時間がたつと自分がどうやってその答えを導き出したのか忘れてしまいますし、即復習することによって次の計画をすぐに立てることができます。自分が間違えたところや分からなかったところはもちろん、答えはあっていたけど悩んでしまった問題も曖昧なままにせず、徹底的に理解しましょう!「あとで覚えればいいや」と後回しにすることが受験勉強で一番良くないです。

 

一回一回の模試をしっかり活用している人とそうでない人では、一年間で大きな差になります。特に新高3生はこれから模試を受ける機会が増えるのでぜひ活用してください!!

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

東進ハイスクールでは現在新年特別度招待講習という名前で

2月29日までの申し込みで4講座無料で受講できる講習を実施しています。

 

新学年に進級する前のこの時期に始めることが何よりも大切です!!

さらに!

3月13日(金)には林修先生の特別公開授業も行います!

あの林修先生現代文の授業を受けることのできる貴重な機会です!!現代文の勉強のしかたがわからない人、現代文をもっと伸ばしたい人など、本当に受験で使える現代文をこの機会にぜひ学んでください!!

※定員があり、大変人気な公開授業なのでお早めにお申込みください!

お問い合わせお待ちしております♪