☆杉田最後のブログ『夢について』☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2020年 3月 25日 ☆杉田最後のブログ『夢について』☆

こんにちは!立教大学経済学部経済学科を卒業した杉田です。

ついにこの日がやってきました。

杉田、最後のブログです、エモいですね。

ブログの担当者から与えられたテーマが

『杉田先生最後のブログ』ですよ!

難しいですよ。何を書けばいいんだろうってずっと考えていました。

なので、当たり前だけど、大事な事を伝えたいと思います。

それは、『夢』についてです。

皆さん、将来の夢はありますか?

私は皆さんの時にはありませんでした。

将来なんか考えずに部活のことしか考えられていませんでした。

大学も「明青立法中以上に絶対行きたい」というだけで、

「この分野を学びたいから」というような理由で

大学は決められませんでした。

 

そんな私は東進で担任助手として働きながら、

大学3年生になり、就職活動が始まりました。

やっぱり、向こう数十年社会人として働くことを考え、

『自分って何の為に働くのかな』って本気で考えるようになりました。

就職活動を進めるなかで、『人生の目的』に出会いました。

『人生の目的』って何なのか。

『人生のコンパス』と呼べば伝わるでしょうか。

人生で困難な状況に陥った時にそれを打開できる原動力だと思っています。

 

私にとって

『社会全体がイキイキと働ける社会づくり』

これが人生の目的となります。

どういうことかというと、

 ・正社員でもアルバイターでも、     

       自分の仕事の価値に気づくこと。

・自分より後の世代全員が、      

        働くことにポジティブになること。

 

自分の働くを通じて、

これらを達成したいと考えるようになりました。

1人でも多くの人が、

自分の仕事の価値に気づければ、

日本ってもっともっと元気になる!

こんなふうに考えるようになりました。

なぜ、こんなふうに考えるようになったのか

①東進で働いた経験

②両親の存在

がありました。

①東進で働いた経験

・志望大学に向けて毎日努力している

 高校生のエネルギー

・担任助手になりたくてなった人で

 構成された組織の力

・目的があるから、

 辛い事があっても頑張れる。

 

②両親の存在

両親には、たくさん支えられました。

大好きなサッカーをここまで続けられ、

予備校にも通わせてもらえ、

私立大学まで通わせてもらえた。

両親を尊敬しているし、感謝してもしきれない。

その反面、

父親の働く姿がかっこいいなって思えなかった。

自分がアルバイトを始めるようになって

こんな思いが生まれてきました。

 

自分の子供には、

『働くって楽しんだよって伝えたい!』

『働いてるお父さんかっこいいでしょ!』

こう、強く思うようになったんです。

だから、私は『人生の目的』を

『社会全体がイキイキと働ける社会づくり』

と設定しました。

そして、最終的に私は『三井住友銀行』から内定をいただき、

来月4月からそちらで働き始めます。

 

ここまで、私の経験を話させていただいたのですが、

この経験から3つ皆さんにお伝えしたい事があります。

①『夢』

それは、自分自身の行動源泉となるもの

つまり、『自分自身のエネルギー』です。

これからの人生の中で見つけて欲しい。

 

②『夢』

それは、自分自身の過去の経験ベースでしか、

見つける事が出来ない。

自分の人生において、

自分自身に最も影響力を与えた出来事が、

夢になりうる。

 

③先の大学生活で、

たくさんの素晴らしい経験をして欲しい。

その為に、これからの受験生には

志望校に合格できるよう、

自分史上最高の努力を! 

 

以上長くなりましたが、

これで私、杉田の最後のブログとして、

終わりにしたいと思います。

そして、

26日をもって東進ハイスクール春日部校を卒業いたします。

これまで関わらせていただいた

生徒の皆さん、

卒業生の皆さん、

保護者の皆様、

ご指導いただいた校舎長をはじめとした

社員の皆様、

南浦和校のスタッフ、

一緒に働いてくれた春日部校のスタッフ。

感謝してもしきれません。

この御恩は私が社会人として活躍することで

お返ししていきたいと思います。

皆さんのおかげで今の私があります。

本当にありがとうございました。