☆担任助手の夏休みの過ごし方part8☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2016年 7月 31日 ☆担任助手の夏休みの過ごし方part8☆

こんにちは!担任助手の加藤剛瑠です!

夏休みが始まっておよそ1週間が経ちました。この1週間、果たして100%の努力ができたでしょうか??
夏はたくさんの誘惑がありますが、こんなに勉強できるのは今だけです。今の一瞬一瞬を無駄にしないように、夏を乗り越えていきましょう!! 

 そして今日も頑張っている生徒を紹介していきます!!今日は慶應義塾大学を志望しているT君です!!

T君は基礎を徹底しつつも、早くも二次対策演習をスタートできています。
なるべく早く、そしてなるべく多くの過去問に触れることが合格へのカギとなります!!
どんどん周りと差をつけて行ってほしいですね!!!!!

また、担任助手の夏休みの過ごし方紹介ということで自分が夏休みで絶対達成すると決めた目標は
開館登校して、閉館まで勉強し一日15時間以上勉強すること!!夏休みは受験の天王山!!妥協をしたら 終わりだと思っていました。
多い日は17時間やっていました。またお昼ご飯を食べている暇があったら勉強をすると決めていたので、毎日昼飯抜き生活でした。おかげで7キロ痩せました。
この生活を続けることをオススメはしませんが、それくらい本気にならないと受験は乗り越えられません。

では一日の生活について紹介します。
朝は5時半おきて、30分単語帳をやり、6時半に登校して廊下で音読していました。開館したら音読会をして目覚まし!!
そして自分の第一志望は10時から英語のテストだったので、10時の時点で一番英語ができる脳を作っておく必要がありました。
そのため朝に高マス、長文を2つ解いて頭を英語に対応できるように心がけていました。

そして昼前には国語のテストがあるので、現代文、古文の演習。

昼休みには英文法や単語などの基礎演習を徹底していました。

そして昼過ぎからは日本史のテストに向けて!!一番気温も上がり、だれてくる時間帯なので音読室へ直行!!

そして夕方から夜の間に1長文!そして現代文もう1演習!!そして一番記憶が定着する夜に日本史の暗記!!

そして一日のシメにもう1長文!!!!!!

自分の夏休みはこんな感じでしたね。。。うん、頑張ってた。。。 

まとめると
入試本番の時間割に合わせて教科の勉強普段から本番を常に想定すること!!!!
一日4長文1日1長文?甘すぎる!!とにかく多くの長文に触れ背景知識をつけておくこと!!!!
とにかく1分を大切に!!← こんなに多くの時間をとれるのは夏休みだけです!!

時間は有限!!ならいつやるか?

今でしょ!!!!!!!

********************************************

 

東進公式SNSの登録はこちら 登録しておくと受験情報や体験授業、各種イベントの案内がくるようになります

 

東進公式line 東進公式facebook 東進公式twitter

体験授業のお申込みはこちら

 

入学希望の方はこちら

 

東進のシステムはこち

 

**⇩高校1・2年生限定☆夏期特別招待講習詳細はコチラから⇩**