☆復習を制する者が受験を制す!!☆ | 東進ハイスクール 春日部校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2021年 12月 13日 ☆復習を制する者が受験を制す!!☆

 

こんにちは!
中央大学文学部人文社会学科国文学専攻3年
北谷大地です!

 

僕は大学3年生で、就職活動の真っ最中でございます。たくさんのエントリーシート(通称ES)を書いているんですが、
「人生で一番がんばったことはなんですか?」
という質問がだいたいの企業で設置されていて、僕は基本的に「大学受験」をテーマに、その企業に沿った方面からの話を書いています。大学受験にめちゃくちゃ頑張り、良い結果を残せたからこそ説得力のある内容でESが書けています!ちなみにまだ本選考ではなくインターンシップですが、わりと有名な企業もESが突破していて嬉しい限りです。
みなさんも「人生で一番頑張った」と言える後悔のない大学受験にしてください!

ちなみに僕は今、大学の授業&ゼミ(卒論の構想)&就活&担任助手で日々充実してます。

 

 

さて、12日に共通テスト本番レベル模試が実施されました!(後日受験は19日です)
この結果をもとに複数回の面談を重ねたうえで、受験生は出願校の確定を行い、高校1、2年生は今後の学習スケジュールを決定します!

 

自己採点はしましたか?必ずしてください。

 

 

してほしいことは自己採点だけではありません。

復習!!!
復習も必ずおこなってください。

 

 

なぜ復習をするのでしょうか。
それは勉強したことを記憶に定着させるためです。

 

人間は忘れる生き物なので、たった一度の勉強で習った範囲をすべて覚えられるわけがないんです。
エビングハウスの忘却曲線を見ると分かる通り、24時間後には3割しか覚えていないのです。
ちなみに、これはガチです。

 

何回も何回も同じものを繰り返すことで記憶にしっかりと定着させ、自分の知識として蓄えておくことができます。
自分の中の知識が増えるって嬉しくないですか?
知識とは最高の財産で、だれにも奪うことはできません。

 

体験談を話します。僕が中学生のとき学年には350人くらい生徒がいました。中1の最初の定期テストで僕は180位くらいでした。その結果を両親に報告すると、ショックを受けていました。そのときに父親から「復習用のノートを用意して、毎日学校の授業で取ったノートをそのまま書き写せ」と言われ、その日から実践しました。するとどうでしょう。ワークの問題はらくらく解け、テストでもいきなりトップ争いを繰り広げました。
僕はそのときから復習信者になりました。

そんな僕は、高校受験も大学受験も第一志望校に合格を果たしています。

 

とりあえず、今からできる簡単な勉強方法は、
授業や問題集の復習すること!!
学校の授業や模試、勉強したことすべて復習の対象です!

 

学校の授業や模試はわかったけど、ほかに受験勉強ってなにするの?って感じたそこのキミ!
ついに受験勉強を始めるときがやってきました!
東進では現在、冬期特別招待講習のお申込みを受け付けています!
東進生としての、本物の受験生としての冬を過ごしてみませんか?

お申込み、お待ちしております!!