☆大学からの英語について☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2020年 3月 17日 ☆大学からの英語について☆

こんにちは!

明治大学経営学部に通う

担任助手2年の木村優友です。

学生の皆さんは、春休み真っ只中ですね。

いかがお過ごしですか?

この春休みはコロナウイルスの影響で、運が良くも悪くも長くなりましたね。

この長い期間をどのように活用するか

今後に大きく影響すると思います。最大限活用しましょう!!

さて

今回は大学からの英語について話したいと思います。

僕は大学で、最も力を入れている勉強は英語です。

就職活動のためということもありますが

グローバル化が進んだ現在

英語の修得は必須だと感じ、力を入れています。

皆さんは

大学からの英語学習についてどのようなイメージを持っていますか?

僕が確実に言える事は

強い意志を持たなければ高校のときよりも

英語の実力が下がるということです

大学によるかと思いますが

英語の授業は週に1度や2度しかありません。

特別に英語の授業をとるなり、何かしらしないと

実力は上がらないと感じています。

そして

多くの大学生は授業以外では英語にふれることはありません。

大学生とTOEIC平均点は400点台です。

しかし

就職でTOEICを使うには最低でも730点は必要とも言われています。

つまり

多くの大学生は、英語の学習が圧倒的に足りないのです。

受験を終えたばかりの、大学一年生の4月が英語力のピークだという人がたくさんいます。

僕も実際

大学1年生の間に中々勉強に取り組まず

もったいない時間を過ごしてしまったと感じました。

そこから焦りを感じ

大学2年では真剣に英語学習に取り組み

TOEICで800点近くまで実力を伸ばす事ができました。

ただ

1年生の時にもっと頑張っていればよかったなと後悔しています。

これから大学生活を控える高校生の皆さんは

1つだけ心に留めておいてほしい事があります。

大学でも英語の勉強は絶対やるべき!

やって損はありません

メリットしかありません。

就活に向けても、自分自身の能力向上に向けても、

是非英語学習を頑張って欲しいです!