☆受験勉強のモチベーションの保ち方☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2020年 2月 19日 ☆受験勉強のモチベーションの保ち方☆

 

こんにちは!

東京学芸大学 教育学部に通う菅沼颯太です!

あれ?おとといもじゃなかった?

はい!その通りです!

ブログ大好きなんですよ!

春日部校のブログはみんな気合入っていて、内容が濃いのですが

ハイスクールの中で閲覧数が下から数えた方が早いらしいです…

内容をじっくり考えて、時間をかけて書いている内容なので

みなさん毎日読んでいただけると幸いです!

 

さて突然ですが!

受験を経験し、受験生を間近で一年間見てきた中で

やはり勉強を長時間続けるのはという考えに変わりはないです。

もうすでに受験勉強しているけどめっちゃキツい

この時期からようやく受験勉強を始めたけど普通に辛い

勉強嫌いだからまだ受験勉強はしない、何とかなるっしょ

これらに当てはまる人が多くいるでしょう

ではどうすれば辛い中勉強を続けることができるのか

それについて少し書こうかなと思います!

まず勉強のモチベーションを作るには

勉強する目的、やりがいを作ることが必要です。

え?な何でですか?

それは人間は目的が無いと動けない生物だからです。

意味もなく毎日100mダッシュ100本やれと言われても

さすがにやりませんよね?w

陸上の全国大会に出たいなどの理由があってこそ

辛くても乗り越えられるものです。

えじゃあ勉強する目的って例えば何ですか???

大多数の人のモチベーションは

自分の第一志望大学に合格することです!

他にも頭のいい友達に勝ちたい!という気持ちや

難関大学合格によって周りからの称賛をうけたい!という気持ち

などがあります。

ぶっちゃけ持続できれば目的は何でも良いのです!

将来やりたいことが見つかっていなくても

自分のプライドにかけて早稲田大学に合格して

夢はそこで見つける。でも良いのです。

一番重要なのは「第一志望大学に合格する」

という成功体験をすることですから!

努力は報われるという経験は

社会に出てから大変重要なものになります。

そして一番言いたいこと

それは

辛いときは自分が勉強する理由を思い出せ!

ということです。

いくら勉強する目的ややりがいがあっても

誰しも辛く感じるときは必ずあります。

しかしその時はその目的・やりがいを見失っているのです!

だからこそ辛いときはもう一度思い出して

脳みそに勉強しろと言い聞かせてください!

これがモチベーション”持続”の一つの方法です。

僕は辛いときは必ず大学に入ってからやりたいことを考えて

勉強の手を抜けばそれができなくなる!

という思いで続けていました。

受験には学校の先生や、予備校に通っていればそこの先生方

そして何といってもご両親から

非常に多くの支援を受けます。

それを無駄にしたくない!というのでもいいですね。

あなたが辛いに辛い大学受験でモチベーションを

保ち続けられることを祈っております!

最後にお知らせです!

このブログの一番上にもある通り

現在招待講習を実施しております!

最大4講座受講可能なので

予備校を探している人だけでなく

学力アップのために受講するのにも

十分なコマ数だと思うので

ぜひご利用ください!

もちろん全て無料です!

あなたの第一志望大学合格のお手伝いをさせてください!

スタッフ一同、校舎でお待ちしております。