☆冬・冬・冬!溶かせ心の雪と氷!!☆ | 東進ハイスクール 春日部校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2021年 11月 30日 ☆冬・冬・冬!溶かせ心の雪と氷!!☆

 

 

 

どもども。

埼玉大学教育学部 二木慎平です。

 

すっかり世間もになり、がおいしい季節になってきましたね。

皆さんはもう鍋やりましたか??

ちなみに僕はサークルの友達と鍋やりました。めちゃくちゃおいしかったな~~

 

さて今回も、日本の伝統文化に触れてもらおうと思います!

二木慎平の 日本知ろうねコーナー!!(はじめて名前つけました)

今まで夏、秋とやってきましたが、今回のテーマは「冬」です。

今月11月は「霜月」、12月は「師走」なんて呼ばれています。「師走」、これ読めますか??

読めなかったら絶対読めるようにしておきましょう!!ちなみに正解は「しわす」です!

出来事として、11月15日には七五三があったり、日本史選択者には知っていてほしい新嘗祭なんかも11月にあったりします。

 

12月には事始め、31日には大祓なんかもあったりします。あとは追儺(ついな)もあります。

桃の弓・葦の矢を使って鬼を追い払う、なんてことをやります。近世以降は節分の行事になったのだとか。

季語の観点から見れば、さざんかやひいらぎなんかが挙げられますね。

 

意外と文学史古文で役に立つので、覚えておくといいかも!!

 

ここから本題に入りますが、、

現在高校一年生・二年生の皆さん。

受験”勉強、できていますか?

受験に直結する勉強のことなので、定期テスト対策や学校の授業の予習復習とは違います。

 

今の時期、ちょうど定期テストを行っている学校が多いと思います。

そのため、受験勉強に専念できない!テスト勉強がしたい!という生徒がかなり多いです。

もちろん学校の定期テストも大事ですが、皆さんが目指すであろう目標は

第一志望校に合格することですよね。

その勉強、大学受験に繋がってますか?

今の高校1年生、2年生がよく考えがち(なんなら保護者の方も考えがち)なのが

「高校受験が3年から間に合ったし、大学受験もそのくらいで間に合うっしょ!」という理論。

 

甘い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

大学受験はそんな勉強で間に合うほど甘くない、ということは知っておいてほしいです。

始めるのが遅ければ遅いほど、合格可能性は下がっていきます。

たまに間に合う人もいますが、それは志望校のレベルが低いか学習能力が高いかの二択ですし、なんなら後者はめったにいないです。

自分に過度な期待をかけるのはやめましょう。

 

なぜここまで言うのか。それは、苦しい思いをしてほしくないから。

実際自分も3年生の6月から本格的に受験勉強を始めましたが、死ぬほどきつかったことしか覚えていません。

あの時に動いていれば、、、そういった後悔が多い時間でした。

今受験勉強を始められていない方。

始めるなら絶対に早い段階で始めるほうがいいです。

 

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」

 

この忠告を聞くかどうかはあなた次第です。

 

もし「動こうかな」という気に少しでもなってくれた方。

現在、東進ハイスクールまでは 冬期特別招待講習 を行っております!

12/11までにお申し込みいただくと、三講座15コマ無料で体験が可能です!

 

心の雪と氷を溶かし、春に堂々と胸を張って新学年を迎えてみませんか?

 

 

本日のブログは以上です!

ではまた。