☆共通テスト本番まであと1か月!☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2020年 12月 16日 ☆共通テスト本番まであと1か月!☆

 

みなさんこんにちは!

青山学院大学教育人間科学部の新井千夏です。

今年も残すところあと15日となりましたね。

なんか、2020年が終わるって感慨深くないですか??私だけかな、?

今年はコロナウイルスの影響で自分が思っていた日常とは全然ちがう毎日でしたが、それはそれでできたこともあるなと感じながらちょっとこの1年を振り返ったりしています。

大学の友達で福島に住んでいる子がいるのですが、その子が今日、初雪の動画を送ってくれました!もう積もり始めているみたいです!これからどんどん寒くなっていくので体調管理はしっかりしていきましょう!

 

さて、雪といえば、いよいよ今日で共通テスト1か月前ですね!

気が付いたらここまで来てしまったという人が多いのではないでしょうか。

試験の日まであと30日しかないのに、まだまだ苦手分野はあるし、暗記できてないところはあるし、時間配分うまくいかないし、それなのにが学力POSのカウントダウンはどんどん減っていくし、みなさんこんな気持ちで焦りに焦っていませんか??

その気持ちすごくわかります。だって私が去年そうでしたから。

共通テスト利用入試で滑り止めや何なら実力相応校としている大学に合格したいとすると、あと何点必要でそのためにはもっとやらなきゃなのにという風にいつもぐるぐる考えていました。

しかし、ここで私からのアドバイスは残り1か月をポジティブにとらえるべきだということです。

たしかに、時間は限られてはいますが、まだまだできることなんていくらでもあります。受験生は本当に最後の最後まで伸びるといわれています。

12月の模試で思うように結果を出すことができなかった人も、ここがチャンスだと考えて苦手な範囲、分野をどんどんつぶしていきましょう!だって本番でそこができればいいだけの話です!

私も実際、自分がやるべきことの明確化をしたおかげで12月の模試から本番までで英語と日本史を約15点伸ばすことができました。

大切なのは、あせって勉強が手につかなくなるのではなく、優先順位をつけて最後まで点数を1点でもあげるための勉強をいかにできるかだと思います。

うまくいかなかったらどうしようと先のことで心配になるのではなく、残り1か月、1日1日を全力で駆け抜けてください!!

わたしも頑張るみんなを最後まで全力で応援しています!!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)