☆併願校対策について~国公立編~☆ | 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2020年 10月 4日 ☆併願校対策について~国公立編~☆

みなさんこんにちは!早稲田大学法学部1年の田中愛生です!

10月が始まって3日が経ちましたが、私は大学の授業が始まり、今は週1で大学に通っていてやっと大学生になったなあ、、、という感じです、(笑)

最近は一日の気温の差が激しくなってきて体調を崩しやすい時期なので気を付けて頑張っていきましょう!!

 

さて今日は、国公立の併願校対策についてです!

私は現在いわゆる私文なわけですが笑、、実は生徒時代は某国立大学を目指していたので、その経験をもとに話していきます!

まず、いつから併願校対策を始めるかについてですが、基本的には10月から始めるのが望ましいです!

併願校対策は、第1志望校対策の進み具合によるので正直人それぞれですが、

おそらくほとんどの人が3つ以上は併願校を受験すると思います。

併願校は第1志望校とは違って受ける数が多い分、対策もしなければならないので、早めに始められるのがベストです!!!!

次に、対策を進めるペースについてです!

極論これも人それぞれなのですが(笑)、月に1、2年分進めるのが良いと思います!

あくまで第1志望校対策が最優先事項なので、併願校対策に集中的に時間を割くというよりは、定期的に解いていくという感じです!!

まず自分の併願校を各科目1年分ずつ解いてみて、合格目標点よりもはるかに下回っている場合は、第1志望校対策と並行してそれなりに対策をする必要がありますが、ある程度傾向や頻出分野を把握できれば、月にいくつやるかを決めて進めていくのが良いと思います!!

もちろん第1志望校に合格するのが目標ですが、そのためには併願校の対策をして合格するというのが望ましいです!

なので副担任の先生と併願校対策を始める時期・進めるペースをしっかりと計画を立てて、第1志望校合格目指して頑張っていきましょう!!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!