☆ラストスラマッパギー☆ | 東進ハイスクール 春日部校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール春日部校|埼玉県

ブログ

2021年 4月 25日 ☆ラストスラマッパギー☆

 

スラマッパギー!

桃栗三年柿八年しゃべくり007の

埼玉県立大学 看護学科 倉持夕寿妃です!

 

路上教習に行く前に車のボンネットの中を眺める時間があったんですけど、

目力強めのスピードワゴン小沢(金髪ver)みたいな教習官に丁寧に説明してもらいながら「メカメカやなぁ」なんてのほほんと説明聞いてたんですよ。

そんでエンジンオイルレベルゲージっていうオイルの付いた細い金属の孫の手みたいなやつの説明のときに急に始まった

「これについてるオイル服に着くと一生落ちないよー、うりゃうりゃ〜」

「わぁ!ちょっとやめてくださいよぉ〜♡」

っていうやり取りからの孫の手を元の位置に戻して次の説明に行くまでの時間が絶妙に地獄だったけど、初路上教習上手くいったからいつか車買う時はスピードワゴンにしようと思いました。

 

伏線そっちかーいってね。

桃栗三年柿八年しゃべくり007はただただゴロがいいので書いただけです。

 

さてさて、前回のブログから約1ヶ月が経ったというのに再び教習所ネタしか思いつかず落ち込んでいる倉持ですが、

実は私、この春に東進ハイスクール春日部校46を卒業致しますのでこれが最後のブログとなります。

したがって、このブログが公開された頃には皆さんのストーリーが「え、嘘でしょ。」「推しが。。。」「???」というコメントとともに荒れていることでしょう。

冗談はさておき

私はこの1年間で自分のことを再認識も含めより深く知ることが出来ました。

私が看護師という夢を決めたのは、人と接することが好きという理由が9割を占めていたので、ここでの1年間の経験は、自分の道に進むことを決めた私の背中を押してくれるようなものになりました。

やっぱり人と関わるの好きだーってなりました。

それと同時に自分の得意分野や力の限界も知ることが出来たため、大学生のうちに解決すべき課題を明確にすることも出来ました。

その中でも私にとって一番大きなことは、生徒のみなさんに計画・夢志を指導する立場に立つことでまだまだ自分にも残されている可能性を見つけたり、実は叶えてみたかった小さな夢たちを思い出したりすることが出来たことです。

これは頑張るみんなの姿に感化されたことで気がつくことが出来たものなので、私に“頑張る”ということの範囲を広げてくれた君たちには感謝しかありません。

本当にありがとう。


そんな私から最後に皆さんにエールです。

みなさん何か夢はありますか?


なんでもいいです。

小さなことでもほんとなんでもいいです。

ぜひそのために動いてください。


例えば私は憧れだった担任助手になれました。

とあるオーディションに2個応募参加しました。そのうちの1個は準決勝まで行きました。

ブラックピンクのリサになりたいからK-POPダンスを習い始めました。

カフェで働くことにも憧れていたため今度はそれを叶えに行きます。

車の免許をとって友だちやかわいい後輩を連れて色んなところに行くために教習所を頑張っています。

大学の4年間でふたつの資格を取るため、年度末にある助産師履修のためのテストを受験することに決めました。

 

ひとつずつ見ると成功していないのもあるし、やろうと思えば誰だって出来ることだってあるし、小さな願望の集合体みたいなものですけどこれらも立派な夢だと思ってます。

モテたいだったらモテたいでいいです。

そのためにやれることを見つけて行動に移す瞬間が一番重要です!

大きな夢をドカンと一発叶えるのか、はたまたたっくさん叶えるのか。

小さな夢をたくさんたくさん叶えるのか、はたまた小さな夢ひとつと一途に向き合うのか。

一括りに夢を叶えると言っても人それぞれだと思います。

でもそれらに共通するのは全て“行動してやっと始まる”ということなので、手探りでもいいから始めてみてください。

 

最後になりますが、私は東進のみんなが大大大好きです。ほんと拉致ってしまいそうなくらい。

本当に色々な方から元気をもらっていました。辛いこと、これからいっぱいあると思うけどお互い頑張ろうね!

一年間ありがとうございました。